XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

次世代ゲーム機の定義「Xbox Series X」で鍵になる用語集!

完全な次世代ゲーム機「Xbox Series X」では、Xbox OneからXbox One Xの進化では見られなかったような多くのハードウェアとソフトウェア全体のテクノロジーの進化が見られます。それらはすべてゲーム体験を次の次元に引き上げるための物です。

多くの新しい用語が登場するため、まだ慣れてない人のためにXbox Series Xの用語、鍵になるポイントについてご説明します。

 

Auto Low Latency Mode(ALLM)自動低遅延

次世代のコンソールゲームの応答性への取り組みの一環として、Xbox Series Xは対応ディスプレイを備えたAuto Low Latency Mode(ALLM)をサポートしています。ALLMは、ゲームプレイを開始すると、ディスプレイの低遅延モードを自動的に有効にします。この機能は既に現在Xbox One本体に存在します。

Auto Low Latency Mode (ALLM) - HDMI
Auto Low Latency Mode (ALLM) - HDMI

HDMI.org is the licensing agent to administer licensing of H ...

続きを見る

 

下位互換性

Xboxでは、互換性を約束ています。初代Xbox、Xbox 360、Xbox One、Xbox Series Xの4世代のゲーム、Xbox Oneで利用できたゲームアクセサリーや周辺機器、Xboxゲームの遺産、Xbox Game Passなどの業界をリードするサービスで、何千ものお気に入りのゲームに発売時からアクセス出来ます。 これらはすべてXbox Series Xで動作します。下位互換性のあるゲームは、Xbox Series Xのパワーとパフォーマンスの恩恵を受け、より安定したフレームレート、高速な読み込み時間、改善された解像度と視覚的忠実度をもたらします。

Xbox Series Xで自分のお気に入りのゲームの最高のバージョンをプレイ出来ます。

Xbox Series X、互換機能がハードウェアレベルで実装! Xbox Series X EnhancedでXbox Oneゲームが綺麗に!? - WPTeq
Xbox Series X、互換機能がハードウェアレベルで実装! Xbox Series X EnhancedでXbox Oneゲームが綺麗に!? - WPTeq

Digital FoundryとマイクロソフトはXbox Series Xの新しい新要素を公開しました。 今回…

続きを見る

 

DirectML

Xbox Series Xは、DirectXのコンポーネントであるDirectMLを使用したゲームの機械学習をサポートしています。DirectMLは、コンソールで前例のないハードウェアパフォーマンスを活用し、24 TFLOPSを超える16ビットフロートパフォーマンスと97 TOPS(1秒あたり1兆オペレーション)を超えるXbox Series Xの4ビット整数パフォーマンスを活用します。

NPCをよりかしこいものにしたり、よりリアルなアニメーションを提供したり、視覚品質を大幅に向上させるなどに利用することが出来ます。

DirectML の概要 - Win32 apps | Microsoft Docs
DirectML の概要 - Win32 apps | Microsoft Docs

Direct Machine Learning (DirectML) は、機械学習 (ML) 向けの低水準 API です ...

続きを見る

 

DirectStorage

DirectStorageは、SSDの完全なパフォーマンスとハードウェア解凍を解き放つためにゲーム専用に設計されたまったく新しいI / Oシステムです。新しい規格であるXbox Velocity Architectureを構成するコンポーネントの1つです。最新のゲームは、プレイ中にバックグラウンドでアセットストリーミングを実行し、世界の次の部分を継続的にロードします。DirectStorageは、これらのI / O操作のCPUオーバーヘッドを複数のコアから単一コアのほんの一部にまで削減できます。これにより、ゲームがより良い物理学やシーン内のより多くのNPCなどの領域に費やすために、かなりのCPUパワーを解放します。このDirectXファミリの最新メンバーはXbox Series Xで導入されており、Windowsにも導入する予定です。

 

動的遅延入力(DLI)

Xbox Series Xの遅延を削減するために行っているもう1つの革新は、動的遅延入力(DLI)です。DLIを使用すると、開発者はプレーヤーの入力をゲームのシミュレーションおよびレンダリングループとより正確に同期させることができ、ゲームのプレイ中の入力レイテンシをさらに削減できます。

Xbox Series Xでは遅延を1msでも高速にするために様々な仕組みが用意されている。 - WPTeq
Xbox Series Xでは遅延を1msでも高速にするために様々な仕組みが用意されている。 - WPTeq

競技性の高いゲームをプレイする人にとって常にレイテンシー(遅延)は重要な問題です。 少しの遅れがゲームに影響を…

続きを見る

 

GPUワーククリエーション

Xbox Series Xは、GPUワーククリエーション用のハードウェア、ファームウェア、シェーダーコンパイラのサポートを追加し、GPUに強力な機能を提供して、CPUの支援なしで新しいワークロードを効率的に処理します。これにより、開発者はグラフィックビジョンを実現するための柔軟性とパフォーマンスが向上します。

 

ハードウェアアクセラレーテッドDirectXレイトレーシング(DXR)

レイトレーシングにより、照明、影、反射が改善され、より現実的な音響と空間オーディオが実現し、開発者はより物理的に正確な世界を作成できます。Xbox Series Xには、ゲーム機で初めて、高性能でハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングがサポートされています。Xbox Series Xは、AMDのパートナーからの最新のイノベーションを活用し、DirectX Raytracingを開発した同じチームとのコラボレーションで構築されたカスタム設計のGPUを使用します。開発者は、PCとそれ以降で同じ技術を使用して、信じられないほど没入型の視覚および音声体験を提供できるようになります。

Xbox Series Xはレイトレーシングの違い、DXR APIに最適化。 - WPTeq
Xbox Series Xはレイトレーシングの違い、DXR APIに最適化。 - WPTeq

Xbox Series XにはRDNA 2が搭載されています。 RDNA 2では最新のDXR Tier 1.1…

続きを見る

 

ハードウェアデコンプレッション(解凍)

ハードウェアデコンプレッションはXbox Series Xで導入された専用のハードウェアコンポーネントで、ゲームでSSDのスペースをできるだけ消費せず、ランタイム解凍に通常関連するすべてのCPUオーバーヘッドを排除します。

3つ以上のCPUコアから完全なSSDパフォーマンスで動作する際の圧縮解除のソフトウェアオーバーヘッドをゼロに減らします。

これにより、ゲームがより良いゲームプレイや改善されたフレームレートのような領域に費やすためにかなりのCPUパワーを解放します。

ハードウェアによる圧縮データの解凍は、Xbox Velocity Architectureのコンポーネントの1つです。

 

インテリジェントデリバリー

ゲームのインストールサイズを削減するためのマイクロソフトの開発者向けテクノロジーです。

インテンリジェントデリバリーを使用すると、開発者は必要なゲームのピースのみをインストールできるため、SSDにインストールまたはダウンロードする必要があるコンテンツの量を最小限に抑えることができます。

現行ゲーム機ではヘイローマスターチーフコレクションに先行実装されていました。 キャンペーンやマルチプレイ、言語などを好きなようにインストールすることが出来ます。 これによりキャンペーンクリア後はキャンペーンを削除してマルチプレイだけ遊ぶといったプレイスタイルが可能になります。

 

レイテンシー(遅延・応答性)

レイテンシーとは、コンソールとコントローラーの応答性を指し、入力がコンソールに登録されてから画面に表示されるまでにかかる時間を含みます。

待ち時間を短縮すると、より接続された没入感のある体験が得られます。

Xbox Series Xは、ゲームパイプラインのすべての段階でレイテンシを最小化する高度なテクノロジーを備えた超低レイテンシを特徴とする、これまでで最も応答性の高いコンソールであり、画面上のアクションの影響を即座に確認できます。

Xbox Series Xでは遅延を1msでも高速にするために様々な仕組みが用意されている。 - WPTeq
Xbox Series Xでは遅延を1msでも高速にするために様々な仕組みが用意されている。 - WPTeq

競技性の高いゲームをプレイする人にとって常にレイテンシー(遅延)は重要な問題です。 少しの遅れがゲームに影響を…

続きを見る

メッシュシェーディング

メッシュシェーディングを使用すると、開発者は、シーン内に多数の複雑なオブジェクトをレンダリングする際のパフォーマンスと画質を劇的に向上させることができます。例として、メッシュシェーダーを使用すると、プレーヤーは、パフォーマンスの低下を感じることなく、より自然なディテールで小惑星帯や花畑を体験できます。

 

ネイティブ解像度

ネイティブ解像度は、元々4K用に設計されていなかった場合でもネイティブ4Kでレンダリングできるようにする、選択されたXbox OneゲームのXbox Series X下位互換性の強化です。

 

Xbox Series X用に最適化

Xbox Series X開発キットを使用して構築され、Xbox Series Xのユニークな機能を活用するように設計されたゲーム。これらには、Xbox Series X開発環境を使用してネイティブに構築された新しいタイトルや、以前にリリースされたタイトルのXbox Series X専用に再構築されたものも含みます。比類のない読み込み時間、ビジュアル、応答性、最大120 fpsのフレームレートに対応します。

 

並列冷却アーキテクチャ

並列冷却アーキテクチャは、Xbox Series Xの冷却に使用される革新的なシステム設計の名前です。XboxOne Xの4倍の処理能力を最も静かで効率的な方法で提供するコンソールの構築–次世代コンソールのすべての特別なパワー–独自の垂直設計につながりました。

 

Project Acoustics(プロジェクトアコースティック)

Microsoft Researchによって10年以上にわたってインキュベートされたProject Acousticsは 、現在の多くのAAAエクスペリエンスで採用されている複合現実とゲームでの音響伝播物理を正確にモデル化します。

CPUに負担をかけることなく、複雑なシーンジオメトリでの回折などの波の効果をシミュレートする点でユニークであり、より没入感のあるリアルな聴覚体験を可能にします。

UnityとUnrealの両方のゲームエンジンのプラグインサポートにより、サウンドデザイナーは現実を形成するための表現力豊かなコントロールを使用できます。開発者は、新しいカスタムオーディオハードウェアブロックを追加することで、Xbox Series XでProject Acousticsを簡単に活用できるようになりました。

科学者と作った音、Gears of War4には画期的な最新テクノロジー満載のサウンドエンジンが搭載されている! - WPTeq
科学者と作った音、Gears of War4には画期的な最新テクノロジー満載のサウンドエンジンが搭載されている! - WPTeq

マイクロソフトの新しいGears of Warではたとえば廊下や大聖堂にいるとき、現実的な反響音をユーザーは感…

続きを見る

 

クイックレジューム

Xbox Series Xの技術的能力と革新的なXbox Velocityアーキテクチャを活用した新しい機能であるクイックレジュームにより、プレーヤーは複数のタイトルをシームレスに切り替え、最後に中断したところから即座に再開できます。

Xbox Series Xは再起動後もクイックレジュームが機能する! - WPTeq
Xbox Series Xは再起動後もクイックレジュームが機能する! - WPTeq

マイクロソフトはXboxの公式ニュースサイト「Xbox Wire」にて最近Xbox Series Xの詳細を一…

続きを見る

RDNA 2

Xbox Series Xのカスタムデザインプロセッサは、AMDのパートナーが提供する最新の次世代グラフィックスアーキテクチャであるRDNA 2を活用しています。RDNA 2は、ハードウェアアクセラレーションレイトレーシングや可変レートシェーディングなどの次世代グラフィックス機能に加えて、パフォーマンスと効率を大幅に向上させます。

Xbox Series XのSoC、8コア16スレッド/3.8GHz駆動プロセッサでパワフルな仕様に。 - WPTeq
Xbox Series XのSoC、8コア16スレッド/3.8GHz駆動プロセッサでパワフルな仕様に。 - WPTeq

Xbox Series Xの頭脳にはAMD Zen 2 プロセッサが採用されています。 チップは7nm Enh…

続きを見る

サンプラーフィードバックストリーミング(SFS)

Xbox Velocity ArchitectureのコンポーネントであるSFSは、Xbox Series Xハードウェアの機能であり、GPUがシーンに必要とするテクスチャの部分のみを必要の宇治手きめ細かくメモリにロードできます。これにより、テクスチャのメモリ使用率が大幅に向上します。これは、4Kテクスチャごとに8MBのメモリを消費するために重要です。テクスチャの不要な部分をメモリにロードする無駄を避けるため、物理メモリ量とSSDパフォーマンスの両方で効果的な2倍または3倍(またはそれ以上)の乗数です。

ストリーミング リソース テクスチャ サンプリング機能 - UWP applications | Microsoft Docs
ストリーミング リソース テクスチャ サンプリング機能 - UWP applications | Microsoft Docs

ストリーミング リソース テクスチャ サンプリングの機能は複数あります。たとえば、マップの領域についてシェーダー状態のフ ...

続きを見る

 

SDRからHDRへの変換

Xbox Series Xを使用すると、ID @ Xboxプログラム内の最近のタイトルを含む既存のXboxゲームは、ネイティブHDRサポートをまだ持っていない場合でも、次世代品質の処理が可能になります。Xbox Series Xは、革新的なHDR再構築技術を活用して、開発者の作業や利用可能なCPU、GPU、またはメモリリソースへの影響なしに、既存のSDRゲームを強化できます。

すべてのゲームがAIでHDRが可能に!?Xbox Series Xでは「Halo 5:Guardians」もHDR対応へ。 - WPTeq
すべてのゲームがAIでHDRが可能に!?Xbox Series Xでは「Halo 5:Guardians」もHDR対応へ。 - WPTeq

マイクロソフトとDigital FoundryはXbox Series Xの詳細情報を公開しました。 Xbox…

続きを見る

スマートデリバリー

スマートデリバリは、Xbox Series Xで導入された新しいテクノロジーで、何世代にもわたって、自分のゲーム機で所有するゲームの最高バージョンを常にプレイできるようにします。「Halo Infinite」を含む、Xbox Series X向けに最適化されたすべてのXbox Game Studiosタイトルは、Smart Deliveryをサポートし、どのコンソールでプレイしても選択可能な最高のバージョンを提供します。たとえば、サポートされているタイトルのXbox Oneバージョンを購入した場合、通常どおり、Xbox Oneに最適なバージョンを識別して配信します。Xbox Series Xで次世代への移行を決定した場合、Xbox Series Xに最適化されたバージョンのゲームが自動的に提供されます。Smart Deliveryは、すべてのXbox開発者が利用できます。

今世代で買っても次世代版が手に入る「スマートデリバリー」【Xbox Series X】 - WPTeq
今世代で買っても次世代版が手に入る「スマートデリバリー」【Xbox Series X】 - WPTeq

Xbox Series Xについてのマイクロソフトが公開した新機能の1つに「スマートデリバリー」というものがあ…

続きを見る

 

Spatial Audio(空間オーディオ)

Spatial Audioは、没入感のあるオーディオを提供し、プレーヤーが3Dプレイスペースでオブジェクトをより正確に特定できるようにします。Dolby Atmos、DTS:X、およびWindows Sonicを完全にサポートするXbox Series Xには、CPUからオーディオ処理をオフロードするカスタムオーディオハードウェアがあり、これらの没入型エクスペリエンスのアクセシビリティ、品質、およびパフォーマンスが劇的に向上します。

空間オーディオ、Windows SonicとDolby Atmosでゲーム体験はさらにリアルに。 - WPTeq
空間オーディオ、Windows SonicとDolby Atmosでゲーム体験はさらにリアルに。 - WPTeq

  マイクロソフトのXboxグロバールプロダクトマーケティングマネージャ、ジェームズ・シールドはWi…

続きを見る

TFLOPS(テラフロップス)

TFLOPS(または「テラフロップス」)は、1秒間に1兆回の浮動小数点演算を表し、GPUの生の数学的なパフォーマンスの尺度です。Xbox Series Xは、Xbox One Xの2倍の12 TFLOPSの32ビットフロートパフォーマンスを提供しますが、AMDのRDNA 2アーキテクチャと、Variable Rate Shading(VRS)やハードウェアアクセラレーションDirectXなどの次世代機能によってもたらされるアーキテクチャ効率の向上レイトレーシングは、Xbox Series Xがゲーム用Xbox One Xの2倍以上の効果的なグラフィックパフォーマンスを提供することを意味します。

Xbox Series Xの12Tflopsはどれくらい高性能なのか。 - WPTeq
Xbox Series Xの12Tflopsはどれくらい高性能なのか。 - WPTeq

Xbox Series Xの12Tflopsのパワーはどれくらいパワフルなものなのでしょうか。 今回はグラフィ…

続きを見る

 

可変レートシェーディング(VRS)

可変レートシェーディングは、最も必要な場所にシェーダー作業を集中させ、目立たない領域のシェーダー作業を減らすことにより、GPUの効率を向上させます。開発者の労力を最小限に抑えることで、VRSはGPUのパフォーマンスを大幅に向上させ、視覚品質の知覚可能な損失なしに、より安定した高解像度とフレームレートを実現します。

DirectX12のVRSを実装すると14%のフレームレート向上が簡単に実現可能。 - WPTeq
DirectX12のVRSを実装すると14%のフレームレート向上が簡単に実現可能。 - WPTeq

マイクロソフトはDirectX12グラフィックスAPIの最新の新機能であるヴァリアブルレートシェーデイング(V…

続きを見る

可変リフレッシュレート(VRR)

可変リフレッシュレートは、HDMI 2.1に新たに追加されたもので、コンソールが画像をレンダリングできる速度でディスプレイをリフレッシュできるため、裂け目をなくし、滑らかさを高め、待ち時間を短縮できます。私たちは、業界をリードするテレビメーカーと協力して、ディスプレイエコシステムがXbox Series Xで提供する機能に対応できるようにしています。

LG、2019年の有機ELテレビはVRR、自動低遅延、4K/120FPSに対応したHDMI 2.1をサポート。 - WPTeq
LG、2019年の有機ELテレビはVRR、自動低遅延、4K/120FPSに対応したHDMI 2.1をサポート。 - WPTeq

LGは最近国内のテレビ市場でも影響力があるメーカーとなりつつありますが、海外でも非常に人気のメーカーです。 C…

続きを見る

Xbox Series Xストレージ拡張カード

Seagateとのパートナーシップにより構築されたこの1 TBのカスタムストレージソリューションは、Xbox Velocity ArchitectureのフルスピードとパフォーマンスでXbox Series Xのストレージ容量を拡張します。前世代のXboxタイトルは外部USB 3.2から直接再生できますハードドライブ。ただし、Xbox Velocity Architectureと最適なパフォーマンスであるXbox Series Xのすべての利点を享受するには、最適化されたゲームを内蔵SSDまたはXbox Series Xストレージ拡張カードからプレイする必要があります。

Xbox Series X、ストレージは専用拡張カード&拡張スロットで増設可能。 - WPTeq
Xbox Series X、ストレージは専用拡張カード&拡張スロットで増設可能。 - WPTeq

Xbox Series Xは日々少しずつベールを脱ぎつつあります。 今回背面の謎の拡張スロットについて利用用途…

続きを見る

 

Xbox Velocity Architecture

Xbox Velocity Architectureは、Xbox Series X用に作成された新しいアーキテクチャであり、コンソール開発でこれまでになかった新しい機能を実現します。カスタムNVMe SSD、専用ハードウェア解凍ブロック、まったく新しいDirectStorage API、およびSampler Feedback Streaming(SFS)の4つのコンポーネントで構成されています。このカスタムハードウェアと深いソフトウェア統合の組み合わせにより、開発者は資産ストリーミングを根本的に改善し、利用可能なメモリを効果的に増やすことができます。これまでに見たことのない、より豊かでダイナミックな生活世界を可能にします。また、ロード時間を効果的に排除し、高速移動システムをまさにそのようにします。

Xbox Series Xを支える魂「Xbox Velocity Architecture」、単なるロード短縮に止まらない高速化。 - WPTeq
Xbox Series Xを支える魂「Xbox Velocity Architecture」、単なるロード短縮に止まらない高速化。 - WPTeq

Xbox Series Xの構想の柱の1つに「高速性」があります。 一言に速度といっても様々な要素があります。…

続きを見る

Xboxワイヤレスプロトコル

待ち時間を短縮する最初のポイントの1つは、コントローラーとコンソール間の通信内です。Xbox One XファミリーのXbox Oneファミリーにある既存の高帯域幅、低遅延のワイヤレスプロトコルをXbox Series Xに導入することで、ゲーム体験の遅延を削減するだけでなく、既存のXbox Oneゲームアクセサリーをすべて確実に使用できるようになります。

マイクロソフトの新しいXbox Wireless プログラムとは? - WPTeq
マイクロソフトの新しいXbox Wireless プログラムとは? - WPTeq

マイクロソフトはWindowsゲーマーのための新しいプログラム、 Xbox Wirelessを発表しました。 …

続きを見る

AMD Zen 2

Xbox Series Xのカスタムデザインプロセッサは、AMDの最新のZen 2 CPUアーキテクチャを活用しています。Zen 2は、Xbox One Xの4倍以上のパフォーマンスを実現するCPUパフォーマンスの大幅な向上を提供します。

Xbox Series XのSoC、8コア16スレッド/3.8GHz駆動プロセッサでパワフルな仕様に。 - WPTeq
Xbox Series XのSoC、8コア16スレッド/3.8GHz駆動プロセッサでパワフルな仕様に。 - WPTeq

Xbox Series Xの頭脳にはAMD Zen 2 プロセッサが採用されています。 チップは7nm Enh…

続きを見る

120 FPS

最大120フレーム/秒(FPS)をサポートするXbox Series Xにより、開発者は従来の60 ​​FPSを超えることができ、リアリズムの向上とペースの速いアクションのより正確な制御が可能になります。

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.