XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

DirectX12のVRSを実装すると14%のフレームレート向上が簡単に実現可能。

更新日:

マイクロソフトはDirectX12グラフィックスAPIの最新の新機能であるヴァリアブルレートシェーデイング(VRS)で更新しました。 このテクニックはNVIDIA GPU アーキテクチャの売りの機能の1つでしたが、タイトルでのサポートの欠如が問題となっていました。

DirectX12でVRSを実装することでマイクロソフトは状況を変える可能性があります。 ほんの数日の実装で開発者は最小限の品質低下の代わりに大幅なフレームレート改善を行うことが出来ます。

ヴァリアブルレートシェーディングはシェーデングの重要度を自動で判断し、効果が大きい部分とそうでない部分を分けることでシェーディングの効率を上げるという物です。 その結果ビジュアルは殆ど変わらないのにフレームレートを最大20%引き上げることが出来ます。

既にUnity、Activision、UBISOFT、Epic Games、Playground Games、Turn 10、343 Industriesなど主要なゲーム開発会社とエンジンがVRSの実装に取り組んでいます。

DirectX 12: Microsoft Introduces Variable Rate Shading for an Easy 14% Frame Rate Increase - WinBuzzer
DirectX 12: Microsoft Introduces Variable Rate Shading for an Easy 14% Frame Rate Increase - WinBuzzer

Microsoft's implementation of Variable Rate Shading in the D ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.