XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Xbox Series Xはレイトレーシングの違い、DXR APIに最適化。

Xbox Series XにはRDNA 2が搭載されています。 RDNA 2では最新のDXR Tier 1.1スタンダードを完全にサポートしており、During RTコアと同様に光が現実世界で跳ね返るのと同じように、自然な光の表現を実現します。

 

13TFlops以上の負担

「もしもハードウェアアクセラレーション機能がなければ、これはシェーダーで実装していましたが、13TFLOPSを超えるパワーを消費していました」とAndrew Goossenは話しています。

「Xbox Series Xの場合はこのような機能は専用ハードウェアにオフロードされ、シェーダーは完全なパフォーマンスで平行して実行し続けることが出来ます。 言い換えれば、Xbox Series Xではレイトレーシング中に25TFLOPSを遙かに超えるパフォーマンスを効率的にに活用できます」

一般にレイトレーシングはパフォーマンスの低下は避けられない問題ですが、ゲーム機の設計的利点により開発者は今までよりもパフォーマンス上最適化することが出来ます。

幸いなことにマイクロソフトはレイトレーシングアクセラレーションハードウェアへの低レベルアクセスを許可しています。

 

マインクラフトで技術デモ

マイクロソフトは実際にDigital Foundryに対して開発初期バージョンのXbox Series X マインクラフト DXRテクニカルデモを公開しました。 これによりコンソールのレイトレーシング機能がどれだけ完璧に機能するのかを実証しています。

マインクラフトレイトレーシングはNVIDIA GPU向けに発表されていた物ですが、AMD GPU搭載のXbox Series Xでも遜色なく動作しています。

Xbox Series Xはコンソールという予算とパワーの制限があるにもかかわらずリアルタイムレイトレーシングを実用的なレベルで動作可能であることを示しています。

Inside Xbox Series X: the full specs • Eurogamer.net
Inside Xbox Series X: the full specs • Eurogamer.net

続きを見る

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-,

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.