Windows Windows講座

アンチウイルスソフトはWindows Defenderがおすすめな4つの理由。

更新日:

image

 

Windows10付属のウィルス対策ソフト”Windows Defender"をご存じでしょうか。

OSをインストールしたら基本的に有効になっていて裏で色々脅威に対して対応してくれているのですが、あまりにもひっそりと動いているので別のウイルス対策ソフトを導入しなくてはならないと思っている方もいるかもしれません。

今回はウィルス対策ソフトはWindows Defenderがいい理由を教えます。

 

1.互換性が抜群

アンチウイルスソフトはただウィルスを見つけて駆除するものだと思っていませんか?

ウィルスの中にはWindowsの奥深くに入り込み、通常のウィルス検索では見つけられないほど深い場所にまで潜り込むものも存在するためウィルス対策ソフトもOSのコアまで届くように設計されています。

そのためWindowsアップデートで仕様が少しでも変わってしまうと、導入しているウィルス対策ソフトが十分に対応されていない場合Windows OS全体の安定性が落ちてしまったり、運が悪いとブルースクリーンで起動しなくなってしまう原因にもなります・・・

 

その点Windows DefenderであればWindowsの純正機能なので、Windows Updateで不具合を起こすことも殆どありません。

 

2.すべてを管理してくれる

Windows Defenderは「ウイルスや脅威への対策」「パフォーマンスとWindowsの正常性」「ファイアウォールとネットワークの保護」「アプリやブラウザのコントロール」「保護者による制限」といったあらゆるメンテナンス機能を備えています。

特に良いと思っているのが、例えばストレージセンサーを有効にすると1ヶ月間使っていないファイルを掃除してくれたり、ダウンロードフォルダーを削除してくれたりします。

他にもWindowsを定期的にメンテナンスして安定して動作するように確認してくれたりなど便利な機能がたくさんあります。

 

3.面倒じゃない

Windows Defenderの最大の魅力かもしれない部分の1つに”面倒ではない”ことがあります。

アップデートも自動、ウィルス検出や検索も基本的に自動で行ってくれますし、起動時にポップアップしたり、アップデートバーがでたりなんてこともなく静かに動いてくれます。

有効にしていても、何か問題がない限りはずっと静かに動いてくれているので面倒じゃないんです。

 

もちろん無料で使えるのでライセンスの更新の通知なんかもありません。

 

4.安全性も十分である

image

Windows Defenderは他のウィルス対策ソフトと比べても非常に高い検出力を備えています。

上野グラフは検出を比較した物なのですが、Microsoftという項目がWindows Defenderのものです。

ライバルと比較しても検出力はそれほど変わらないですし、誤検出(フリーソフトなどを誤ってウイルスだと検出する)ことも比較的少ないです。

 

このことからもウイルス対策には十分な性能を持っているといえそうです。

 

ソース:

//chart.av-comparatives.org/chart1.php

 

こだわりがなければこれで十分。むしろこれがオススメ!

スマートフォン向けのウイルス対策ソフトと合わせて使いたいだとか、あの機能がついているウィルス対策ソフトがいいだとかこだわりがなければWindows Defenderで十分です。

むしろWindows Defenderの方がいいという場合もたくさんあります。

ウィルス対策ソフトで何が良いか分からないという場合はとりあえずWindows Defenderから初めて見ることを強くオススメします。

もしランサムウェアによく引っかかるなど使い方に明らかに問題がある場合はより高価な対策ソフトを導入することも検討するべきかもしれません。

 

 

--

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.