Windows

Surface Pro 7、Surface Pro 6と比べてどう変わった?

マイクロソフトが先日発表したSurface Pro 7。 昨年モデルであるSurface Pro 6とは一見殆ど違いがない製品といえます。 そんなSurface Pro 7とSurface Pro 6の機能の違いや性能の違いをまとめてみました。

 

まずはそれぞれの特徴をチェック!

 

Surface Pro 7

ソース画像を表示

Surface Pro 7を選ぶメリット

  • 第10世代高速Intel CPUとLPDDR4xを採用したことでパフォーマンスが大幅に向上、もっとサクサクに作業が可能に
  • USB-Cポートが追加。 ポータブルバッテリーなどで充電するなどに対応。
  • 基本的にSurface Pro 6と同じデザイン、同じタイプカバーが利用可能
  • 最新で高速なWi-Fi 6に対応
  • 高性能なスタジオマイク搭載

 

Microsoft Surface Pro 7

このモデルについて

マイクロソフトが2019年に発売したSurface Pro。 従来のSurface Pro 6(2018)からプロセッサがアップグレードされ、今までよりももっとパワフルなモデルになった。 バッテリーは最大10.5時間。 別売りのSurface PenやType Coverを使えばノートパソコンやタブレットとしても使いやすいモデルです。 
 

スペック

  • ディスプレイ: 12.3インチ PixelSense ディスプレイ(2736 x 1824)
  • CPU: Intel 第10世代 Core i3/Core i5(ファンレス)/ i7(ファンあり)
  • RAM:  8GBまたは16GB
  • ストレージ: SSD 128GB/256GB/512GB/1TB
  • バッテリー: 最大13.5時間
  • キーボード: 別売取り外し可能なタイプカバー(Pro 4以降のモデルのタイプカバーが利用できます)
  • マウス:別売 Bluetoothマウス
  • Wi-Fi: 11a/b/g/ac
  • Bluetooth: 4.1
  • OS: Windows10
  • Office: Office Home &Business 2019付属
  • 重量:770g-784g
  • その他: USB-Cx1、USB-Ax1、3.5mmイヤホンジャックx1、Surface Connectx1
 

Microsoft Storeで見る

Surface Pro 6のレビューを見るSurface Pro 7の記事を見る

Surface Pro 6

ソース画像を表示

Surface Pro 6を選ぶメリット

  • より安い価格で利用可能
  • 基本的にはSurface Pro 7と同じデザイン
  • 第8世代の高速なCPUを搭載
  • 同じくらい高い精度のタッチパネル

Microsoft Surface Pro 6

このモデルについて

マイクロソフトが2018年に発売したSurface Pro。 従来のSurface Pro(2017)からプロセッサがアップグレードされ、今までよりももっとパワフルなモデルになった。 バッテリーは最大13.5時間。 別売りのSurface PenやType Coverを使えばノートパソコンやタブレットとしても使いやすいモデルです。 
 

スペック

  • ディスプレイ: 12.3インチ PixelSense ディスプレイ(2736 x 1824)
  • CPU: Intel Core i5(ファンレス)/ i7(ファンあり)
  • RAM:  8GBまたは16GB
  • ストレージ: SSD 128GB/256GB/512GB/1TB
  • バッテリー: 最大13.5時間
  • キーボード: 別売取り外し可能なタイプカバー(Pro 4以降のモデルのタイプカバーが利用できます)
  • マウス:別売 Bluetoothマウス
  • Wi-Fi: 11a/b/g/ac
  • Bluetooth: 4.1
  • OS: Windows10
  • Office: Office Home &Business 2019付属(初期モデルは2016、海外版は付属なし)
  • 重量:770g-784g
 

Microsoft Storeで見る

Surface Pro 6のレビューを見るSurface Pro 6の記事を見る

 

”性能”以外に殆ど違いはない

「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」 1

Surface Pro 6とSurface Pro 7では、最新のプロセッサ、Wi-Fiに対応したことを除いてデザインや使い心地には大きな違いはありません。 ただしUSB-Cが利用できるようになったSurface Pro 7は使う人によっては非常に便利だと感じるかも知れません。

またストレージはSurface Pro 6では1TBモデルを購入出来ましたが、Surface Pro 7では最大512GBまでとなり、NBMe SSDを取り外して差し替えることができるようになっています。

その他アクセサリーなどは多くはSurface Pro 6のものとSurface Pro 7は共通のためタイプカバーやSurface Penもそのまま利用できます。

あまり大きな違いがないとも言えるので、ご予算に応じて機種を選ぶと良いかもしれませんね。

「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」の違い - フォトスク
「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」の違い - フォトスク

「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」の違いの記事について掲載しています。マイクロソフト「Sur ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.