Windows

Windows 10、デフォルトで望ましくない可能性のあるアプリをブロック

マイクロソフトはWindows Defender機能を強化・改善を続けています。Windows 10 Version 2004(2020 May Update)でオペレーティングシステムで不要な可能性のあるアプリ(PUA)のブロックを容易にする新しいオプションを追加しています。

望ましくない可能性があるアプリをブロック

望ましくない可能性があるアプリ(PUA)は一般的にはマルウェアとは見なされないものの、有害なものを含めている可能性があるアプリケーションのことです。これは例えばインターネットtからダウンロードしたアプリに付随するアドウェアや望ましくないその他のアプリケーションが含まれます。

望ましくない可能性があるアプリ(PUA)はほとんどの場合はユーザーがダウンロードしたアプリにバンドルされているだけなので必ずしも危険なものではありません。しかしマイクロソフトは以下のアプリケーションにういては望ましくない可能性があるアプリ(PUA)と見なしてブロックする可能性があるとしています。

PUAに含まれるのは、アドウェア、Torrent(enterprise PCのみ)、マイナーアプリ、バンドルソフトウェア、マーケッティングソフトウェア、業界で評判の悪いアプリケーション

デフォルトで有効へ

マイクロソフトは昨年Windows 10の設定アプリに追加しました。この機能では、Windows Defender Smart Screenで不要な可能性が高いアプリを即座にブロックできます。これはMicrosoft Edgeブラウザー専用ではなく、OS全体で機能します。

長い間オプション機能として有効になっていましたが、今後はWindows 10 May 2020 Update以降を実行しているデスクトップで2021年8月以降自動的に有効にするとのこと。

Windows 10 will block potentially unwanted apps by default
Windows 10 will block potentially unwanted apps by default

Microsoft’s Windows Defender functionality has significantly ...

www.windowslatest.com

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-, ,