Xbox/Windows10 Games

現実のような音シミュレーションをゲームに提供する『Project Acoustics』2.0がリリース、UnrealやUnityで使用可能。

マイクロソフトの研究所『Microsoft Research』とXbox Game Studiosが開発した波形シミュレーションエンジン『Project Acoustics』バージョン2.0がリリースされました。

Project Acousticsとは

Project Acousticsは手動のゾーンマークアップやCPUに負担が集中するレイトレーシングを使用せずに複雑なシーンでのオクルージョン、障害物、ポータル、残響効果などの音に関するシミュレーションをモデル化することが出来ます。

すでに『Gears 5』や『Sea of Thieves』のような一部のゲームタイトルでこれをつかった空間オーディオが利用できます。

バージョン2でさらに使いやすく

バージョン2.0はUnityやUnrealといったゲームエンジンと統合することが出来る新しいツールとしてリリースされています。

Unreal Engineでのアップデート

  • ダイナミックオープン - ランタイムでのジオメトリの変化に対応
  • アコースティックプローブボリューム
  • Material override - ボリューム内のすべてのメッシュに音響材料を設定します。
  • Material remap - ボリューム内のすべてのメッシュのマテリアル名を入れ替えます。
  • Probe Spacing - ボリューム内のプローブの間隔を変更します。
  • Acoustics runtime volume - ボリューム内の設計パラメータを更新します。
  • Pinned probes - 独自のプローブを配置します。

Unityでのアップデート

Unityバージョンでは、以前のバージョンの半分にベイク時間が短縮され、多くのバグ修正やパフォーマンス向上が行われています。またUnity版のWwiseサポートも追加されています。

Project Acoustics 2.0 is now available! - Microsoft Tech Community
Project Acoustics 2.0 is now available! - Microsoft Tech Community

Full list of new Project Acoustics 2.0 features: Unreal Dyna ...

techcommunity.microsoft.com

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-, ,