Xbox/Windows10 Games

「ライオンヘッドスタジオの閉鎖」はマイクロソフトの最大の失敗の1つと認める。

マイクロソフトは新しい6部構成のドキュメンタリーシリーズ「PowerOn: The Story of Xbox」でライオンヘッドスタジオの取り扱いが間違いだったことを認めました。

マイクロソフトにとって重要なスタジオだった

ライオンヘッドスタジオは2016年にマイクロソフトによって閉鎖されたスタジオですが、マイクロソフトのグローバルパブリッシングゼネラルマネージャーを務めていたシャノンロフティスは次のよう

「過去に学んだ最大の失敗のひとつはライオンヘッドでした。私たちはFableを発売し、それがヒットしました。人々はもっと欲しがったので、私たちはLionhead社を買収しました。あの頃は良かったですね。」

「しかし、『Fable 2』の後にはKinectが登場し、『Fable』とKinectの連携はうまくいきませんでした。そして、『Fable: The Journey』は多くの人が情熱を持って取り組んだプロジェクトでしたが、『Fable 1』と『Fable 2』の人気を支えていた柱からはかなり逸脱していたと思います」

また、Xboxのゲームクリエイターエクスペリエンス&エコシステム部門の責任者であるサラ・ボンド氏も、ロフティス氏と同様の考えを語っています。

「私たちは2006年にライオンヘッドを買収し、2016年に閉鎖しました。」

「数年後、私たちはその経験を振り返りました。何を学んだのか、どうすれば同じ過ちを繰り返さないのか。」

「Lionheadがまだ健在のスタジオであってほしかった。」

Power Onシリーズについて

Power OnはXbox公式YouTubeチャンネルにて公開されているビデオシリーズです。Xboxの歴史の様々な瞬間の舞台裏を知ることが出来ます。オプションで日本語字幕もサポートされています。

PowerOnシリーズを見る

created by Rinker
Azure Kinect DK
¥74,990 (2022/07/02 14:17:16時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

-Xbox/Windows10 Games
-,