Windows講座

Windows 10の「Meet Now」を無効にする方法【Windows TIPS】

Windows 10のMeet NowはSkypeを登録していなくともユーザーがSkypeを使ってリモート会議を行うことができるWindows 10の新機能です。この昨日はWindows 10 Version 1903以降で追加されており、2020年12月のアップデートで強制適用になりました。

 

Meet Nowを隠す

簡単に通話ができるのは便利な一方で、一部の人たちはSkype以外の通話手段をすでに利用しているため、Meet Nowをブロードウェアのようだと感じている人もいます。しかしMeet Nowが嫌いな場合、隠す方法も簡単です。

  1. タスクバーの「Meet Now」を右クリック
  2. 非表示(H)を選ぶ

 

それでも消えないときは・・・

万が一それでも消えない場合は以下の方法で消えるかもしれません。

 

Meet Nowを非表示

  1. タスクバーを右クリックして、[タスクバーの設定]を選択します。
  2. [設定]ウィンドウで、下にスクロールして[システムアイコンをオンまたはオフにする]リンクをタップします。
  3. リストから「Meet Now」アイコンを見つけます。

グループポリシーエディターを使用して、タスクバーの[Meet Now]アイコンを無効にする

  1. グループポリシーエディターを開きます。
  2. [ユーザー構成]> [管理用テンプレート]に移動します。
  3. 「スタートメニューとタスクバー」を選択します。
  4. 右側のペインで、[Meet Nowアイコンを削除する]ポリシーをダブルクリックします。
  5. 「無効」を選択します。
  6. [OK]をクリックして、エディターを閉じます。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows講座
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5