Windows Windows講座

年間わずか6000円でOneDrive 1TBが使えちゃう! Office 365サービスとは。

更新日:

microsoft-onedrive-500x281[1]

 

大手のクラウドサービスでは最安?

Office 365サービス、対応デバイスを持っていたら、絶対お得なOffice 365サービスの内容をまとめてみました。

 

Office 365サービスとは?

マイクロソフトが提供している延長サービス。 Office 365 Premium、またはOffice 365サービスが同梱されていたパソコンでのみ利用できます。

 

Office 365加入者は何ができるの

有料のOffice 365の加入者は何が使えるんでしょうか。

・クラウドストレージOneDrive 1TBが契約期間中利用可能

・スマホ版Office Mobileがすべての機能が利用可能に

・Skypeで毎月60分まで形態や固定電話に通話無料

・対象PCで最新のOfficeが利用できる

 

Office 365 SoloとOffice 365 サービスの違いは?

お値段約半額のOffice 365サービスですが一般的な個人用サブスクリプションサービス、Office 365サービスとの違いは何なのでしょうか。

一番の違いはOffice 365サービスはOffice Premium(またはOffice 365サービスのサブスクリプションコード)が入っていたパソコンにのみOfficeがインストールできるのに対し、Office 365 SoloはWindowsまたはMacの好きなパソコン2台まで同時にインストールできるという点。 Office 365 Soloであれば、使わなくなったパソコンからソフトを削除してほかのパソコンにインストールもできますが、Office 365 サービスは買ったパソコンでしか使えません。

またOffice 365 サービスは初めから本体にOffice Premium(またはOffice 365サービス)が付属していたパソコンのみが対象。 なので非対称のパソコンや中古PCを買った場合はOffice 365 Soloしか選択肢がありません。

最後に利用料金ですが、Office 365 Soloは12744円、Office 365サービスは6264円となっており料金は約半分。 なのでOfficeは使わないけどOneDrive 1TBを使いたい!という人にとっても非常にお得な料金プランといえます。

 

OneDrive 1TBは超便利

OneDrive 1TBが利用できるというのが個人的に一番の魅力なので、Office 365 Solo、サービス問わずこれだけのために登録しても損がないと思います。

まず料金面で他社サービスより優れています。

OneDriveはパソコンやスマホなど幅広いデバイスで利用でき、ほかのクラウドストレージと比べても比較的高速で利用できますが料金面でもほぼ同じレベルの料金です。

・One Drive Office 365サービス 1TB 6264円

・OneDrive Office 365 Solo 1TB 12744円

・Dropbox 1TB 12000円

・Google Drive 1TB 13000円

clip_image001

OneDriveはWindowsマシン向けの機能が外のデバイスよりも強力です。

例えば、私が気に入っている機能が複数のパソコンのドキュメントやピクチャ、デスクトップを同期して同じものを表示する機能。

これを使えば、デスクトップで作業したファイルを、特別な操作をしなくてもノートパソコンで開くことができます。

この機能は無料版でも使えますが、やはり容量が多い方が安心です。

 

clip_image002

 

次にファイルオンデマンド機能が利用できます。

ファイルオンデマンドはクラウドにファイルを置いておき、パソコン上のディスクを消費していないのにファイルを置いているように見せる機能。

アクセスがあったときに自動でダウンロードされるので、容量の少ないパソコンでもたくさんのファイルを扱えます。

不要になったらクラウドに戻してストレージを消費しないようにすることも可能。

 

clip_image003

 

もう1つ気にいている機能がフォトの同期。

この機能はiCloud、Google Photo、Dropboxをはじめ多くのライバルのクラウドサービスにも採用されていますが、OneDriveが個人的にはマストだと思ってます。

スマートフォンなどのデバイスでOneDriveのフォトの自動アップロードを有効にしておけば自動で写真をアップロードしてくれるこの機能。

アップロードされた写真は、Windows10純正のフォトアプリでどこからでも開けるようになります。

なのでパソコンでアップした写真をいちいちクラウドドライブを開いてアップロードしたりする必要はありません。

フォトアプリは右クリックしてコピーしてそのまま張り付けたり、写真を編集することも簡単にできるので煩わしさもありません。

 

地味に便利なSkype 60分無料

固定電話や携帯電話への通話が60分無料なSkype。

最近はキャリアでスマートフォンを契約していれば通話は無料のプランに入っている方も多いかもしれませんが、格安SIMを使っている人にとってはこの無料通話、かなり便利です。

残念ながら相手に着信を知らせるときは非通知または海外の番号になってしまうことも多いので、事前に電話することをメールやLINEで知らせる必要がありますが、パソコンから電話したりもできますし、LINEやSkypeを知らない相手にも手軽に通話できるようになります。

 

まとめ

SurfaceなどのOffice 365 サービスに対応したものでなければ6000円台という破格では使えませんが、通常のOffice 365 Soloでも十分リーズナブルだと思うので、Office使う、使わない関係なくかなり便利なのでパソコンをがっつり使うという人はぜひOffice 365を登録することを検討してみてくださいね!

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.