Windows Windows講座

自動で不要ファイルを削除してくれる「ストレージセンサー」を活用しよう。【Windows10 TIPS】

更新日:

パソコンを使っているといつの間にかいらないファイルがどんどん貯まってしまいますよね。

ちょっとだけ使ったアプリ、インストールしたまま放置したインストールファイル、貯まりっぱなしのゴミ箱など気がついたときに整理するのも面倒くさいという方向けの便利機能がWindows10 Fall Creators Updateで追加されました。

この機能はWindows10 Fall Creators Update以降のWindowsで使えるので、まだアップデートしていない人は適用しておきましょう。

 

使い方

Windows10の設定>システム>ストレージ>ストレージセンサーを有効にする。

空き容量を増やす方法を変更を選択し、詳細設定をカスタマイズする。

 

image

 

デフォルト設定は上記の通り。 30日間変更されていないダウンロードフォルダーのファイルを削除します。の項目にチェックを入れておくのもおすすめです。

ダウンロードフォルダって結構ゴミがたまりがちですからね。

 

Windows10 Fall Creators Updateで追加された機能ですがなかなかかゆいところに手が届く機能ではないですか?

是非お試しください。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.