Windows

Windows 11向けOneDriveクライアントをMicrosoftが誤ってリーク。

OneDriveクライアントアプリは長らく目立った更新がありませんでしたが、マイクロソフトは明らかにOneDriveアプリの開発に取り組んでいるようです。最近マイクロソフトは公式Webサイト上で未発表のOneDriveクライアントアプリを公開しました。

新しいOneDriveクライアント

クラウドストレージサービスOneDriveはiOSやAndroidでも使用することが出来ますが、Windows 11やMicrosoft Officeと緊密に統合されており、Windows 11 Version 22H2ではエクスプローラーにも統合されます。しかし現時点ではWindows 11で本格的なOneDriveアプリはなく、旧来のOneDriveクライアントを使用する必要がありました。

新しいOneDriveクライアントと思われるリーク画像では、Windows 11のモダンなWinUIの原則に基づいて作られているように見えます。これはWindows 11 の設定アプリと似たUIを備えています。

新しいOneDriveをダウンロード(動作検証が十分に行われていないと思われるため、使用する際はテスト環境で使用してください)

OneDrive

あらゆるデータを 1 か所にまとめましょう。どこにいても、どのデバイスからでも、無料で写真、ビデオ、ドキュメントなどを簡単に保存、共有することができます。

--

-Windows
-