Windows

ランサムウェアの遭遇率が最も低いのは日本。

投稿日:

wannacry_201705[1]

 

マイクロソフトはアジアの21カ国中日本が最もランサムウェアの遭遇率が低いことを発表しました。

 

公開されたデータによると、日本のランサムウェア遭遇率は0.012%。

米国は0.02%となっており日本は世界のどの国よりも低い数字となっています。

 

ランサムウェアは基本的に最新のWindows10を使っており、セキュリティレベルを故意に下げていなければ感染することはありませんがクラウドサーバなどを狙ったランサムウェアも増えてきている中より一層の警戒が必要です。

 

ソース:

//news.microsoft.com/ja-jp/2017/10/13/emerging-asian-countries-among-exposed-malware/

//safe.trendmicro.jp/products/vb/ransomware.aspx

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.