Windows

NVIDIA MX250のグラフィック性能は?GTX 1050と比べると結構差があるようです。

投稿日:

モバイル用のグラフィックスカード、GeForce MX 250は一般的にクリエーター向けのノートパソコンなどに搭載されるローエンドなグラフィックスカードです。 ゲーマーが積極的に選ぶような製品ではないものの、一応GPU搭載というメリットがあり、Intel内蔵グラフィックスよりはあパフォーマンスが発揮されることが多いようです。

そんなNVIDIA MX 250のグラフィックス性能を細かく見ていきたいと思います。

 

MX250の特徴

NVIDIA GeForce MX250は、ノートパソコン向けのエントリーレベルモバイルグラフィックスカードです。前世代のGeForce MX150(GT 1030)/デスクトップGeForce GTと同じPascal GP108チップをベースにしていますが、クロック速度が向上しています。MX150と同様に、MX250には通常の25ワットバージョン(10WのMX150では、クロック速度が32%低下しました。)と10ワットTDP(1D25デバイスID)の低電力バージョン(1D13デバイスID)があります。GDDR5メモリ・インタフェースは、最大3.5 GHz=7GHzの実効速度(3GHzから)もサポートするようになりました。

GP108チップはサムスン(LPP)の14nm FinFETプロセスで製造されており、DisplayPort 1.4(Ready)、HDMI 2.0 b、HDRのサポート、改良されたH.265ビデオエンコーディング(Play Ready 3.0)など、多くの新機能を提供する。ただし、Netflixの4K HDRは、最低3GBのグラフィックスメモリが必要なため動作しません。大きなPascalチップと比較して、小さなGP108はVRとG-Sync用の同時マルチプロジェクション(SMP)をサポートしていません。

コア速度(25ワットバージョンのBoostで最大+3%、メモリ速度が高速)の向上により、新しいMX250は従来のMX150よりもわずかに高速になります。最初のベンチマークでは、5%の向上が示されています。

 

MX250のスペック

メーカーNVIDIA
GeForce MX200シリーズ
GeForce MX250384 @ 1518 - 1582(ブースト)MHz64ビット@ 7000 MHz
GeForce MX230比較256 @ 1519 - 1531(Boost)MHz64ビット@ 7000 MHz
コード名N17S-G2
アーキテクチャpascal
パイプライン384 - Unified
コアスピード1518 - 1582(ブースト)MHz
メモリースピード7000 MHz
メモリバス幅64ビット
メモリの種類GDDR5
最大 メモリ量4096 MB
共有メモリなし
DirectXDirectX 12.1
技術14 nm
特徴Vulkan 1.1、OpenGL 4.6、OpenCL 1.2、GPU Boost 3.0、マルチモニタ
ノートサイズ
発表日2019/02/2
メーカーページへのリンクhttps://www.geforce.com/hardware/noteboo...

 

GeForce GTX 1050と比較する

MX250GTX 1050
Apex Legends 720p(Low設定)45-55fps70-80fps
フォートナイトS9(720p/comp)100-120fps140-160fps
デビルメイクライ5(720p/medium)35-45fps70-85fps
PUBG(720p/very low)40-50fps80-90fps

 

 

NVIDIA GeForce MX250 Graphics Card - NotebookCheck.net Tech
NVIDIA GeForce MX250 Graphics Card - NotebookCheck.net Tech

Specifications and benchmarks of the NVIDIA GeForce MX250 GP ...

続きを見る

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.