Windows講座

インターネットの調子が悪い時はDNS変更を試してみよう【Windows講座】

NTTやソフトバンク光などで通信障害がでているそうですが、DNS変更で回避できる可能性があります。ここではWindowsのDNS変更についてご紹介します。

 

Windows PCのDNS変更方法

Windows PCでDNSを変更するには以下の通りです。

 

step
1
検索バーにネットワークと入力、ネットワーク接続の表示を選ぶ

step
2
お使いのネットワークを右クリックしてプロパティを選ぶ

step
3
インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IP v4)を選びプロパティを選ぶ

step
4
次のDNSサーバーのアドレスを使うにチェックを入れて優先DNS、代替DNSサーバーを設定してOKをクリック

step
5
インターネット接続を確認する

 

おすすめDNS(IPv4)

DNSサーバーをちょこっとご紹介します。

 

Google DNS - 早い!定番DNS

Google DNSは殆どのサイトで推奨されている高速DNSです。

優先DNSサーバー 8.8.8.8
代替DNSサーバー 8.8.4.4

 

Cloudflare DNS - Googleより早い!WPTeq閲覧に最適

WPTeqはCloudFlareによる高速化を行っているので、このDNSだとレスポンスが早くなります。

優先DNSサーバー 1.1.1.1
代替DNSサーバー 1.0.0.1

Adguard DNS - 広告を見たくないあなたに

一部サイトやアプリで通信をブロックするため不具合がでることあり。

優先DNSサーバー 176.103.130.130
代替DNSサーバー 176.103.130.131

Adguard ファミリー DNS - 子どもに有害サイトを見せたくないあなたへ

一部サイトやアプリで通信をブロックするため不具合がでることあり。

優先DNSサーバー 176.103.130.132
代替DNSサーバー 176.103.130.134

 

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Windows講座
-, , , ,

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました。

広告をブロックしていることを検出しました。

ブラウザーまたはアドオンの設定から搭載をホワイトリストに入れるか、広告ブロッカーを無効化してください。

当サイトは広告収入によって運営されており、広告ブロックを回避され続けている場合、サイトの運営は不可能になります。

昨今はアドブロック機能内蔵ブラウザーが増えてきたことにより、ほとんどの方が広告を無視するようになっており、運営に深刻な影響が出つつあるため、検出機能を有効にさせていただきました。

ご協力お願い致します。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO