Windows

Windows 10 SunValleyではPhotoshopなどのアプリでHDRを改善へ。

Windows 10 SunValleyはユーザーインターフェイスの更新に焦点を当てたアップデートです。このアップデートでは、アイコンの変更やウィンドウデザインの変更などが行われますが、次のアップデートではAdobe PhotoshopやLightRoomのようなカラーマネージメントアプリのHDRもサポートされます。

HDRの動作が改善

Windows 10 Sun Valley Updateでは、HDRモニターをアプリでも利用出来るようになります。Windows 10 October 2020 Updateより以前は、アプリではsRGB色域に制限されていました。しかしSun Valleyアップデートでは、アプリでもHDRをサポートするようになり、Lightroom Classic、Corel Draw、PhotoshopなどのアプリケーションでHDRモニターのパワーを発揮できるようになります。

なおデフォルトではHDRはオンになっておらず、Windows 10の互換性設定からHDRをオンにする必要があります。

ゲームでもオートHDR対応へ

ゲーマー向けには、オートHDRと呼ばれる機能がWindows 10に登場します。これは、ディープラーニングによってHDRの映像を学習したものをゲームに適用させ、HDR非対応ゲームでリアルなHDR表現を実現するためのものです。

有効にした場合、ゲーマーはライティングや陰のグラフィックスが改善されたことに気づくかもしれません。なおオートHDRは既にXbox Series X|Sで実装されている機能です。

--

Windows 10 to enable HDR support in apps like Photoshop to help artists
Windows 10 to enable HDR support in apps like Photoshop to help artists

For the most part, Windows 10’s Sun Valley appears to be an ...

www.windowslatest.com

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-, , ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5