Windows

最近見つかったWindows 10で開発中の小さな新機能あれこれ。

 

Windows 10では常に様々な新機能が開発されています。現在も新機能、UIの調整、その他の改善に取り組んでいるようです。これは大きな機能強化ではありませんが、最近のWindows Insider Previewで発見された細かな変更点をご紹介します。

 

Fluent Designの拡大

マイクロソフトはFluent Deisign(Project Neon)と呼ばれるデザインにWindows 10のUIを変更しています。既に最新のWindows 10であれば、Fluent Designを利用出来ますが、まだ適用されていないシーンも多くあります。

次のアップデートでは、Windowsタイムライン、アプリスイッチャーでもFluent Designが適用される見込みです。

 

推奨ブラウザー設定

Windows 10の既定アプリのページが更新されます。これによりMicrosoft Edgeへの切り替えが簡単になります。

 

WebベースのUIコンポーネント

Windows 10XOOBE画面がWindows 10に登場します。これはWebベースとなっています。もちろんこれはインターネットがなくても機能しますが、CloudExperienceHostにWinUIのようなUIを実装することでネイティブエクスペリエンスを提供します。

 

スポットライト

デスクトップで多くの壁紙を有効にすることが出来るようになります。この体験はロック画面のスポットライトと少し似ていますが、デスクトップで使う場合は広告や提案は表示されません。

 

--

これらはまだ小さなものであり、すべてのユーザーが嬉しい物ではないかもしれませんが、将来の大きな新機能の下準備になる可能性もあります。

これらの機能が成功すればWindows 10の拡張を延長し、Windows 10Xの機能のベースになる可能性もあります。

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥25,800 (2020/11/24 16:31:00時点 Amazon調べ-詳細)
Microsoft is experimenting with these new features for Windows 10
Microsoft is experimenting with these new features for Windows 10

The next feature update for Windows 10 is arriving later thi ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq Powered by AFFINGER5