Windows

Windows 8.1 サポート終了警告が表示され始めているようです。

Windows 8.1のライフサイクルサポートの終了が近づいています。マイクロソフトはWindows 8.1のユーザーに対して後6ヶ月以内にOSのサポートが終了することの警告を開始しました。Windows 8.1上の多くのアプリケーションは既にサポートが終了しており、Windows 8.1ユーザーは速やかに移行することをオススメします。

Windows 8.1ユーザーはWindows 11に切り替えよう

Windows 8.1をまだ使用し続けているユーザーはWindows 11がプリインストールされた最新PCに切り替えることをオススメします。Windows 8.1が同梱されたほぼすべてのPCはWindows 11の高い動作要件に対応していないため、原則はアップグレードすることが出来ません。

Windows 10へのアップグレードを行った場合は2025年までは使用し続けることが出来ます。Windows 10のアップグレードは本来は有料ですが、マイクロソフトのWebサイトから「PCへのWindows 10のインストールをご希望ですか?」の項目にある「ツールを今すぐダウンロード」を選択し、ダウンロードしたファイルからアップグレードを進めることで無料でアップグレード出来る場合があります。

Windows 8.1がサポート終了したらどうなるの?

Windows 8.1が2023年1月を迎えサポート終了となった場合、Windows 8.1がインストールされているPCがすぐに使えなくなるわけではありません。ユーザーは引き続きPCを使うことは出来ますが、マイクロソフトはセキュリティプログラムを含むすべての新しいソフトウェアの提供を停止し、テクニカルサポートも停止します。

--

-Windows
-, ,