Windows 未分類

Windows7、後1年でサポート終了へ、早めにアップグレードしよう。

 

Microsoftは後1年でWindows7のサポートを終了する予定です。 2020年1月14日以降、マイクロソフトはWindows7を実行しているパソコンでセキュリティ更新プログラムまたはサポートを提供しなくなります。 サポート終了後もWindows 7を使用できますが、セキュリティアップデートがないためセキュリティリスクの影響を受けやすくなります。 インターネットに繋いだ環境で利用するのであればWindows10へのアップグレードを強くオススメします。

 

Windows7について

「Windows7」の画像検索結果

マイクロソフトが2009年にリリースしたオペレーティングシステムです。

基本的に前OSであるWindows Vistaで一番問題だった”カーネルが重い”などの不満点を改善したもので、Windows Vistaよりも軽かったこと、後継OSであるWindows8の操作性が変わってしまったことを受けて長い期間にわたって多くのユーザーに愛されるOSとなりました。

しかしWindows7は2015年にメインストリームサポート(機能追加などの更新)は終了し、セキュリティアップデートなどの最小限のアップデートについても2020年1月14日に終了します。

アップグレードしなくてはならない理由

キャプチャ:「Microsoft Update は正しくインストールされました」 と表示された後、更新プログラムの確認の画面へ自動的に切り替わる

Windowsに限らずインターネットに繋がったほぼ全てのデバイス(スマホやMacなどでも)は発売後に何らかのセキュリティ上の問題が発見されます。 そこで更新プログラムを提供することで、問題を解決することが出来ます。

Windows7のアップデートを行わない場合、ウィルス対策ソフトを導入していたとしてもウィルスに感染するリスクが非常に高い状態になります。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, 未分類

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.