Windows Windows講座

Windows10「日本語ローカルエクスペリエンスパック」とは? 勝手にインストールされてる…?

 

Windows 10のパソコンやタブレットを使っていて、ストアのアップデートを見ると「日本語ローカルエクスペリエンスパック」という聞き覚えのないアプリがインストールされているのに驚いた人がいるかも知れません。

今回はこのアプリについて紹介しますよ。

 

日本語ローカルエクスペリエンスパックとは?

日本語ローカルエクスペリエンスパックとは、Windows 10 PCのナビゲーションやメニュー、メッセージ、設定画面などで日本語を表示可能にするパックです。

つまり、Windows 10を日本語に対応させるために導入されているパックと言うことになります。

 

なぜWindows Updateではなくストアアプリで提供されるのか

Windows 10 Build 1803以降導入された仕組みで、Windows Updateで提供する場合、言語のアップデートを頻繁に行うことが出来ないため、ストアでアプリ形式で行うことで柔軟性の高いアップデートを可能にするためにこのような仕組みとなっているようです。

つまりパソコンの日本語がおかしい!と開発元であるマイクロソフトが感じたら、以前よりも迅速にアップデート出来るようになったということです。

 

日本語ローカルエクスペリエンスパックをアンインストールするとどうなるの?

日本語ローカルエクスペリエンスパックはWindows 10上で日本語表示をするためのパックのため、アンインストールすると日本語が削除されます。

つまり一般的にはWindows 10のパソコンの画面がすべて英語になると考えてください。

日本語が不要であるという場合はアンインストールしても問題ないかも知れませんが、普通の日本人はアンインストールすることはオススメしません。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座
-,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.