Windows

Windows10、Chromeインストール時に警告が表示されるようになるかも?

更新日:

 

確認ダイアログの追加

Google Chromeは現在地球で最も人気があるブラウザの1つですが、マイクロソフトは一部のInsiderビルドのWindows10で新しくブラウザをインストールしようとすると警告が表示される機能を追加しているようです。 これはMicrosoft Edgeから他のブラウザに移ることに対する確認となっています。

警告メッセージでは、「既にMicrosoft Edgeがあります。 より早く、より安全なWindows10のためのブラウザ」というメッセージが表示されます。

これはインストールを阻止する物ではありませんが、Microsoft Edgeから離れることに対する見直しをユーザーに促すためのものです。

なおこの機能はWindows10のOctober Updateでは追加される予定はないようです。

 

Microsoft Edgeは過小評価されているブラウザの1つ

Microsoft EdgeはWindows10のリリース時、機能が少ないことを理由に低い評価を受けたブラウザですが、現在は多数のアップデートで大幅に改善されています。

例えばブラウザ拡張機能を使い、Last Passやadblockといった人気アドオンをインストール事も対応していますし、独自の機能としてPDFやeBookにペンで書き込むといった機能もあります。

ChromeやFirefoxを使いこなすヘビーユーザーであれば、もちろんそちらを使い続ける方が良いかもしれませんが、パソコンをそれほど使いこなしていない初心者であれば、安全機能や速度を重視したMicrosoft Edgeの方が良いかもしれません。

 

Microsoft adds 'warning' in Windows 10 when you try to install Google Chrome [Update] - 9to5Google
Microsoft adds 'warning' in Windows 10 when you try to install Google Chrome [Update] - 9to5Google

Google Chrome has been around for 10 years and at this point ...

続きを見る

 

Windows 10 パーフェクトマニュアル [改訂第2版]
  • タトラエディット
  • 価格   ¥ 1,944 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.