Windows ゲーミング(Xbox/Windows)

Windows 10「Xbox ゲームバー」がウィジェットに対応、Xsplitなどと連携が簡単に。

マイクロソフトはWindows 10のXbox  ゲームバーを導入して以来マイクロソフトはゲームバーを進化させ続けています。Xboxゲームバーは、ゲーム録画や配信、オーディオ設定へのアクセス、Xboxコミュニティ、Spotifyのコントロール、FPSカウンターまで様々なPCゲーマー向けをすべての中心に置いてきました。

 

ウィジェット機能

PCゲームで画面を切り替えたくないとき、Xboxゲームバーから直接アプリにアクセス出来るようになります。今後サードパーティ製のウィジェットが追加されていく予定です。

 

ウィジェットストア

アプリウィジェットはWin+G内のゲームバーからウィジェットストアにアクセスすると対応したウィジェットをダウンロードすることが出来ます。

 

本格動画配信「Xsplit Game Caster」連携

Xsplit Game Caster連携では、Xbox Game Barウィジェットから配信することが可能になります。これはチャットや最近のイベントや統計の確認、エンコード設定などを簡単に行うことが出来ます。 チャットは画面に常に表示させることも出来るので、配信コントロールはこれまで以上に簡単になります。

ブーストアプリRazer Cortexと連携

パフォーマンスを改善する際に便利なCortexの機能に簡単にアクセス出来ます。

 

Intel Graphics Command Centerとの連携

今後Intelはグラフィックスコマンドセンターで利用可能ないくつかの使用機能をXboxゲームバーに統合し、パワープロファイルやキャプチャー機能などへアクセス出来るようになります。

 

開発は誰でも可能

マイクロソフトの公式サイトにてGame Bar SDKが公開されており、ウィジェット自体は誰もが開発出来ます。ゲームプレイを便利にするウィジェットを作成し、Windows 10で遊ぶゲーマーに提供してみませんか? ゲームバーSDKについては詳しくはこちらをご覧下さい。

 

--

 

0 0 vote
Article Rating

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, ゲーミング(Xbox/Windows)
-, , , ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

© 2020 WPTeq