Windows Windows:Accessory

AverMedia、Xbox One Xに最適な4Kキャプチャーボードを発表。

更新日:

image

 

Avermediaは新しい4Kキャプチャーボードを発表しました。

これらは最新のコンソールゲームをキャプチャーするのに最適かもしれません。

 

Live Gamer 4K

PCI Express Gen.2 x4接続に対応した拡張カード型キャプチャーボード。

業界初の4K/HDR/60fpsのキャプチャーに対応しており、Xbox One Xの映像をそのままキャプチャーできます。

またHDMIバススルー機能を使えば遅延ゼロでテレビに出力することも可能。

4K/HDR映像だけでなくサウンド信号もバススルー出来ます。 推奨GPUはGTX 1060以上。

 

北米では300ドル、国内では3万9000円前後が予定されているようです。

 

Live Gamer Ultra

コンパクトなUSB キャプチャーボード。

HDRで1080p/60fpsのキャプチャー、HDRではないものであれば4K/30fpsの録画に対応。

4K/HDR/60fpsのバススルーにも対応しています。

 

北米では250ドル、二歩伝は3万3000円前後が予定されています。

 

 

Xbox One Xでは外付けHDDさえ接続すれば最大1時間まで4K/HDR動画を撮影できますが、専用キャプチャーボードが欲しい人にとってこれは嬉しい製品といえるでしょう。

 

 

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/avermedias-new-capture-cards-are-perfect-xbox-one-x

https://www.4gamer.net/games/234/G023421/20180606058/

 

 

--

 

自分はAvermediaのGC550を購入し、推奨環境を満たしているのにひどく不安定だった経験があるのでAvermedia製品はあまり信用していないのですが、これはドライバーも不要だそうですので安定しているかもしれません。 4K/HDR/60fps対応ということなので、ハイエンドなキャプチャー環境を目指したい方は是非環境をそろえてMixer 4K配信に挑戦されてはいかがでしょう?

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows:Accessory

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.