Windows

Chromium版Microsoft Edge、今後追加される機能の予定が公開!

Microsoft EdgeはGoogle Chromeと同じChromium版Edgeに切り替え、開発を進めています。 このブラウザーは積極的なアップデートでより多くの機能が提供される予定です。

 

今後追加予定の機能

  • デバイス間でインストールされているブラウザー拡張機能の同期を有効に
  • デバイス間で閲覧履歴の同期を有効にする
  • PDFファイルの読み上げをサポート
  • LinuxでMicrosoft Edgeを使用可能にする
  • Webページでインク機能の利用が可能に
  • Chrome Webストアのテーマ機能をサポート
  • ユーザーがブラウザウィンドウを閉じるとき、全てのタブをとじるか確認する
  • Microsoft Edgeが現在のバージョンからタブセット機能を削除
  • Fluent Design Systemを使った新しいユーザーインターフェイスにアップデート
  • ファイルをダウンロードするときに「実行」「開く」「保存」といったオプションを表示
  • Microsoft Edgeの現在のバージョンで「コルタナに聞く」を追加
  • Microsoft Edgeの現在のバージョンでタブプレビューを実装
  • 新しいタブページの検索バーを他の検索プロバイダーで構成できるように
  • ナビゲーションやタブクローズなどの一般的なアクションのマウスジェスチャーサポート
  • Googleアカウントでブラウザーへのサインインを許可

 

ユーザーインターフェイスのアップグレード

MicrosoftはFluent Designに他のアプリケーションも順次切り替えを進めていますが、Microsoft Edgeも同様です。 これによりモダンなすっきりとしたデザインになると予想されます。 また既存のMicrosoft Edgeで人気だったAsk Cortana、インク機能なども復活する予定です。

 

Top Feedback Summary for February 11 - Microsoft Tech Community
Top Feedback Summary for February 11 - Microsoft Tech Community

Note: This is no longer the most recent top feedback summary ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq