Windows Mixed Reality/Hololens

Windows Mixed Realityヘッドセットがビジュアルアップデート!画質向上。

 

マイクロソフトはWindows Mixed Realityヘッドセットのビジュアルクオリティを改善するアップデートの提供を開始しました。これはすべての既存のWindows Mixed Realityヘッドセットで利用出来ます。

 

色収差補正

光の屈折を補正することで自然な色を実現します。

色収差は、赤、緑、青の光がレンズを通して異なる屈折をすることによって引き起こされるアーチファクトです。パネル上の白いピクセルはレンズを通って屈折し、赤、緑、青のピクセルに分離して、視聴者に見えるようになります。色収差補正は、レンズ屈折後のユーザーが見る画像が意図した通りに単一の白いピクセルとして見えるように、レンダリング画像を事前に歪ませることで、これを調整することを目的としています。色収差のアーチファクトは、通常、光学系の中心から発せられる赤と青の色の縁取りのように見えます。

 

ライトリーク補正

レンズのゆがみが補正されぶれが少なくなります。

これまでに発売されたほぼすべてのVRヘッドセットには、ハードウェアの何らかの側面によって引き起こされるアーティファクトを補正するために、ソフトウェアまたはGPUに何らかのレベルの視覚補正が実装されています。レンズの歪みの補正は、その好例です。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows Mixed Reality/Hololens
-, ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5