Windows Mixed Reality/Hololens

4K Mixed Realityのためのマイクロソフトの新しい特許。

更新日:

マイクロソフトはMixed Realityの分野に力を入れていますが、現在のVRやARでは解像度は没入感を削ぐ要因の1つです。

多くのMixed Realityシステムでは画像生産にMEMSミラーシステムを使い画像を生産しますが、マイクロソフトは新しい特許で2倍の解像度を実現する方法の特許を取っています。

特許の解説は専門用語が多いため、以下機械翻訳での引用です。

しかしながら、現在のMEMS技術は、ミラー走査速度に上限を設け、これはディスプレイ解像度を制限する。一例として、27kHzの水平走査速度と60Hzの垂直走査速度とを組み合わせると、720pの垂直解像度が得られる。720pなどの垂直解像度がぼやけて低解像度で見えるような近目ディスプレイの実装では、特に高い垂直解像度(例えば1440p、2160p)が望ましいことがあります。水平走査速度および/または垂直走査速度の増加はディスプレイ解像度を増加させるが、前者は技術的に実行不可能であり、後者は電力消費を増加させる。さらに、高い走査速度は、より大きな値もまた所望されるミラー走査角および開口を少なくとも部分的に制限し得る。さらに、より高い解像度をサポートするためには、より小さい「ピクセル」サイズに関連する回折限界のために、より大きなミラーサイズが必要になる可能性がある。このような大きなミラーを使用することにより、より大きなミラーがより低い走査周波​​数につながるので、走査ディスプレイでより高い解像度を達成する上での困難性をさらに増大させる可能性がある。


 

以下で説明するように、複数のレーザを動作させるインタレースモードは、レーザ出力間の所望の間隔を達成するために、インターレースフレーム間の可変走査速度および/または位相オフセットと組み合わされ、所望の画像ピクセル間隔および解像度を生じる。複数のレーザを使用することにより、ミラー周期ごとに複数のラインを走査することができ、ミラー走査周波数を上げることなく高解像度を達成することができ、また、より大きなミラーを使用することができ、回折限界。

目を追跡し、ユーザーが見ている場所への高解像度出力のシステムの特許も含まれており、これにより少ないパワーでより没入感の高い体験が出来るようです。

マイクロソフトは来年の初めにも新しいHololensをリリースすると言われています。

Microsoft patents method for generating 4K Mixed Reality virtual images - MSPoweruser
Microsoft patents method for generating 4K Mixed Reality virtual images - MSPoweruser

The resolution of virtual images in your field of view is a ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows Mixed Reality/Hololens

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.