ニュース

ソニー、Microsoft Azure AIを使った新型イメージセンサーを発表。

ソニーはマイクロソフトとのパートナーシップによって生まれた新しいカメラセンサー、IMX500、IMX501を発表しました。あわせてMicrosoft Azure AIを使ったカメラの新しいテクノロジーについても発表されています。

この新しいカメラセンサーを使うと、AIテクノロジーを使って人々の行動や人数を数えるといったことを行えるようになります。

IoTの普及により、あらゆる機器がクラウドに繋がり、機器から取得した情報をクラウド側でAI処理することで、さまざまな情報処理を実現するシステムの活用が一般的になりつつあります。一方、クラウドで扱う情報量の増加に伴い、リアルタイムな情報処理を阻害するデータ転送遅延、個人を特定できるデータをクラウドに保存することに伴うセキュリティ上の懸念、またクラウドサービス利用時の消費電力や通信コストの増加などの課題が生じています。

本製品は、画素チップとロジックチップを重ね合わせた積層構造を用い、ロジックチップにAIによる画像解析処理の機能を搭載した、世界で初めてのイメージセンサーです。画素チップで取得した信号をセンサー内でAI処理を行うことで、高性能なプロセッサや外部メモリーを必要とすることなく、エッジAIシステムを実現することが可能です。さらに、画像情報を出力しないメタデータ(撮像データに属する意味情報)の出力によるデータ量の削減やプライバシーへの配慮に加え、高速なAI処理による対象物のリアルタイムトラッキング、内蔵メモリーの書き換えによるユーザーの使用環境や条件に合わせたAIモデルの選択など、さまざまな機能により多様なアプリケーションを実現します。

 

 

Sony Semiconductor Solutions and Microsoft partner to create smart camera solutions for enterprise customers - Stories
Sony Semiconductor Solutions and Microsoft partner to create smart camera solutions for enterprise customers - Stories

Companies collaborate to make video analytics solutions more ...

続きを見る

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202005/20-037/
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202005/20-037/

続きを見る

--

0 0 vote
Article Rating

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース
-, ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

© 2020 WPTeq