Mixer(BEAM) ゲーミング(Xbox/Windows)

【噂】Mixerチーム、新しいトップは士気を過去最低レベルまで低下させたとのこと。

マイクロソフトのゲームライブ配信プラットフォーム「Mixer」の従業員は、ここ最近士気が大幅に低下しているようです。 従業員はMixerの将来を心配しており、常にレイオフが行われています。

 

BEAM文化の崩壊

また新しく選ばれたMixerチームのリーダーであるShilpa Yadla氏が従業員に対してかなり厳しく、Mixerの職場文化における積極性について議論しているビデオも公開されています。

 

「Mixer創業者やゼネラルマネージャー、コーポレートバイスプレジデントたちが一緒に事業から離れるという困難な数か月を体験しています。 しかしここ半年で16人のレイオフで予算削減が行われ、既にチームの25%が解雇され、機能リリーススケジュールが遅れているという報告はない。」

彼女は、正当な問題を「ネガティブなフィードバック」と呼び、「否定的な意見」や「ネガティブなフィードバック」には許容的ではないようです。 また彼女のスピーチは「誰もが共感できるもの」では少なくともなかったとしています。

先週はMixerタウンホールで幹部たちは従業員からの高まる不満と低い士気を聞くことで対処しました。 しかし残念ながら彼らの思ったようにはいっていません。 従業員と1対1で話していましたが、彼女の言葉は悪影響をもたらしている可能性があります。

onMSFTは100%の確証はないものの、少なくともマイクロソフトでMixer関連の仕事をしている人物から以下のようなメールを受け取ったとして公開しています。

タウンホールの後、開発チームの多くは送りショックを受け、廊下での会話は「わあ!彼女のために働きたいね」というものでした。 YadlaはSatyaがよく使う言葉をつかって感動的なスピーチを締めくくってくれた。「企業文化が戦略を食う」。 これがSatyaが言っている言葉と同じ意味する文化なのかはよくわからない。

Mixerの開発者とストリーミングコミュニティとのコミュニケーション不足は、開発の優先度を再考することを余儀なくされています。

 

マイクロソフトの改善方針

マイクロソフトはこのプラットフォームを改善するために声明を出しています。

「このサービスを改善するためにMixerのコミュニティとパートナーからフィードバックを聞きました。 ビデオの安定性の向上、発見しやすさの向上、収益化の機会の追加、マーケティングプログラムの拡大が配信者にとって重要であると認識しています。 Mixerの新しいヘッドであるShilpa Yadlaはこれらの重要なニーズに対応し、Mixer配信者と視聴者に信じられないほどの素晴らしい体験を約束します。 私たちが成長し続ける中で、ポジティブで歓迎的な文化を維持するためのイニシアチブです。 2020年はMixerとコミュニティにとってエキサイティングなものになると期待しています。」

Microsoft acknowledges mounting feedback, claims “2020 will be an exciting year for Mixer” »  OnMSFT.com
Microsoft acknowledges mounting feedback, claims “2020 will be an exciting year for Mixer” » OnMSFT.com

The Mixer team seems aware of its communication absence and ...

続きを見る

 

復活することを祈るだけ

Mixerに与えられた人事の問題や低い士気が事実であれば、現実的にこれらを改善するには投資をすることだけです。 マイクロソフトはここ最近「Ninja」のような有名配信者をMixerに引き込むことに何百万ドルも費やしたとしていますが、Mixerプラットフォームの人気に影響を与えたとは考えづらい状況です。

実際のところMixerが自社のスタッフへ適切な投資を行い、開発のモチベーションを高めていかないことにはYouTubeやTwitchに追いつくことが期待できるはずもありません。

マイクロソフトは有望なプロジェクトが資金不足から最終的に閉鎖になるケースが少なからずあります。 Mixerも終了する運命にあるのか、それとも復活することができるのかはまだ判断することはできません。

--

Mixerについては視聴体験があまりよくないため、視聴者が少ないというのが一番の問題ではないでしょうか。

お気に入りのゲームの登録、視聴者の言語に基づくおすすめチャンネル表示など他社でやっている便利機能の多くがサービス開始から数年がたった今でも実装されておらず、Mixerならではの便利なものがあるにも関わらず、微妙な評価となっています。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Mixer(BEAM), ゲーミング(Xbox/Windows)
-

© 2020 WPTeq