Windows

Windows 10 KB4535996で一部の環境でインストールの不具合が発生すると報告。

マイクロソフトはWindows 10で定期的にセキュリティアップデートや修正パッチを提供していますが、様々な異なる環境で正常に動作することは少ないように思います。 マイクロソフトの最新のアップデートWindows 10 KB4535996では一部のユーザーからインストールに関連した問題が報告されており、その結果ユーザーは更新をインストールすることはできません。

 

Windows 10 KB4535996について

KB4535996はオプションのアップデートのため自動的にインストールされることはありません。 このアップデートはWindows Searchや印刷の不具合など、Windows 10で報告されている不具合を修正するためのアップデートとなっています。

しかしこのアップデートは一部の環境でインストールエラーを引き起こすことがあります。 エラーは0x800f0922や0x80070003などの一般的なエラーメッセージで更新プログラムのインストールに失敗するため、問題が発生した場合あまりいいことではありません。

また一部のユーザーはBSODエラー、更新プログラムインストール後にランダムフリーズなども報告しています。 アンインストールすると正常に戻ったため、このプログラムが原因であるとされます。

 

Windows 10 KB4535996の対処方法

この更新プログラムをまだインストールしていない場合は、マイクロソフトが問題を修正するまではインストールしないことをお勧めします。 このアップデートはオプションプログラムであり、手動でインストールしない限りインストールされません。 すでに問題が発生している場合は以下の手順に従ってアンインストールしてください。

 

  1. [スタート]を押す
  2. [設定]を開く
  3. [更新とセキュリティ]を開く
  4. [Windows Update]を開く
  5. [更新の履歴を表示する]を開く
  6. [更新プログラムをアンインストールする]を開く
  7. 相当するアップデートを選びアンインストールする
Windows 10 KB4535996 causes freezes, installation issues
Windows 10 KB4535996 causes freezes, installation issues

Windows 10 users are reporting that an optional update relea ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq