Xbox/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Xbox Series XのカスタムチップSoCは互換性を考慮して設計された。

マイクロソフトが開発した「最もパワフルな次世代ゲーム機」であるXbox Series XのSoC設計は互換性を考慮して開発されたようです。

 

互換性を重視したSoC

Xbox Series Xの新しいSoCは、すべての世代のXboxゲームをサポーツするためにシリコンレベルでゼロから設計されました。 後方互換性は決して時代遅れなものではなく、マイクロソフトのXbox Oneでは非常に成功を収めた機能の1つです。 今後Project Scarlettでは新しいZen2とNaviのカスタムプロセッサにより、古いゲームを今までよりも互換しやすい設計になっているとのこと。

Xboxのプログラム管理ディレクターは「新しいチップアーキテクチャです。 互換作業を軽減するための決定を行い、互換性を考慮したシリコン設計をしました。」と語っています。

つまりXbox One世代よりも速いペースで、より複雑なゲームが互換ラインナップに加わる可能性があります。

 

これまでの互換について

Xbox Oneシリーズの互換は現在500以上のXbox 360/初代Xboxゲームがプレイすることが出来ます。 もちろんこれはすべてのゲームに対応しているわけではありません。 しかしXbox 360の一部のゲームはXbox Oneでプレイすると4K相当の高い解像度でプレイすることが出来るXbox One X Enhancedをサポートしているなど、様々な機能強化が行われていました。

 

Xbox Series X's custom SoC built with backward compatibility in mind | TweakTown
Xbox Series X's custom SoC built with backward compatibility in mind | TweakTown

The Xbox SX's customized Zen 2 and Navi SoC was built specif ...

続きを見る

[amazon_link asins='B07Y8KJBWL' template='auto-ts' store='api-wpxxxx314320-22' marketplace='JP' link_id='d61dc18c-230e-4bc8-bd43-bf7a680414a9']

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-,

© 2020 WPTeq Powered by AFFINGER5