Windows講座

インターネットブラウザーを使ってWebを閲覧する【はじめてのWindows】

Windows 10 PCではインターネットブラウザーと呼ばれるアプリケーションを使ってインターネットを楽しむことができます。使い方は知っておいて損はないと思いますので、PC初心者の方向けにまとめてみました。

 

インターネットブラウザーとは

パソコンでインターネットWebサイトを見るためのソフトウェアです。有名なものでいえば、Windowsでは昔からInternet Explorerが付属していましたが現在はMicrosoft Edgeに変更されています。

 

インターネットブラウザーの種類

当サイトではWindowsで初めから搭載されているMicrosoft Edgeを強く推奨していますが、ここで簡単にWindowsで利用できるブラウザーの種類をご紹介します。これらは無料でダウンロードして利用できます。

 

Microsoft Edge(おすすめ)

Google Chromeと互換性のあるWindows付属ブラウザー。安全かつ軽量、簡単に使用することができます。

 

Google Chrome

業界で一番人気のブラウザー。Googleのサービスに強いブラウザーです。

 

Mozilla Firefox

Mozilla社が提供しているブラウザー。独自のレンダリングエンジンGeckoを採用しています。

 

Internet Explorer(サービス終了)

Windowsの昔ながらのブラウザー。現在はサポートが終了しMicrosoft Edgeに移行しています。

 

インターネットブラウザーEdgeを起動する

 

デスクトップから起動する

デスクトップからMicrosoft Edgeをクリックすると起動できます。

タスクバーから起動する

 

青いマークのMicrosoft Edgeを起動します。

 

スタートから起動する

スタートからMicrosoft Edgeをクリックして起動できます。

 

Microsoft Edgeの画面の見方

Microsoft Edgeの基本的な画面の見方は上記の通りです。

 

基本操作

戻る - ページを一つ戻ります

進む - ページを一つすすめます。

更新 - ページを更新します。

 

Microsoft Edgeの初期設定

初めに設定しておくと色々と楽かもしれない設定です。

 

Microsoftアカウントでログインしておこう

Microsoft Edgeを使うなら画面右上の人の影のようなマークからMicrosoftアカウント(無料)でログインしておくことをおすすめします。アカウントがあると、スマートフォンやほかのデバイスとお気に入りなどの情報を同期したり、設定のバックアップなどをとることができるようになります。

 

ほかのブラウザデータを取り込む

ほかのインターネットブラウザー(Google ChromeやInternet Explorer、Firefoxなど)から移行する場合この機能を使うとデータを取り込むことができます。

  1. […]を選ぶ
  2. 設定を選ぶ
  3. [プロファイル]から[ブラウザーデータのインポート]を選ぶ。
  4. [任意のインポート元]と設定を確認しインポートを押す。

検索エンジンを変更する(GoogleやYahooなど)

標準で設定されているBing検索が悪いわけではありませんが、人によっては使いづらいと感じますよね。GoogleやYahooなどすきなものに変更してしまいましょう。

  1. […]を選ぶ
  2. 設定を選ぶ
  3. [プライバシー、検索、サービス]から[アドレスバーと検索]を選ぶ。
  4. [アドレスバーで使用する検索エンジン]を変更する。

その他の設定もお好みで

残る設定はお好みで設定してください。

個人的には[外観]から[お気に入りバーの表示]は常に表示にしておくと便利かな?と思ったりします。

 

拡張機能(アドオン)でカスタマイズ

Microsoft Edgeでは拡張機能を使ってブラウザーをカスタマイズ、機能の追加が可能です。Microsoft Edgeのストアで追加できるほか、Google ChromeのChrome Webストアのアドオンも利用できます。

  1. […]を選ぶ
  2. [アドオン]を選ぶ

Edgeアドオンの追加

Edge公式Webサイトでのアドオンストアです。

詳しくはコチラ

 

Chromeストアで追加

ChromeのWebストアです。はじめて追加する場合、画面上に表示されるほかのストアからの拡張機能インストールを許可してください。

he</p>

便利な機能たち

Webキャプチャーでページをまるごと画像として保存する

Webキャプチャーを使うとページの一部またはまるごと保存することが可能です。

  1. […]を選ぶ
  2. [Webキャプチャー]を選ぶ
  3. キャプチャ範囲を設定
  4. プレビューを確認し、手書きなどを書き込んだ後共有または保存する

コレクションで記事をまとめる

画面右上の+マークのようなアイコンはコレクションです。これはお気に入りのようなもので、ページや画像、テキストを保存しておくことができます。「お気に入り」にいれるほどではないけど気に入ったページなどをここに保存しておく良いでしょう。

 

モバイル連携

iOS/Android向けMicrosoft Edgeをつけば、お気に入りやコレクションなどをスマートフォンとリアルタイムで同期することができます。かなり便利なのでおすすめです。

‎Microsoft Edge
‎Microsoft Edge
Price: Free

 

--

 

 

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows講座
-

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5