Windows講座

Windows10で署名なしのドライバをインストールする方法

更新日:

Windows10にアプデしたのはいいものの

ドライバが対応してない! そんなときのために

署名なしでドライバーをインストールする方法をご紹介します。

 

image_thumb

基本的な流れはWindows8.1と同じ

Windows8.1の署名無効と基本的な流れは

まったく同じです。

 

テストモード実行→署名無効で再起動→ドライバーインストール

 

という流れになっています。

それでは少し詳しく解説してみます。

 

バッチダウンロード

→バッチをダウンロード(MEGA)

今回利用するバッチをZIPでまとめてみました。

これを使うとコマンドプロンプトを使わずに

簡単に行うことが出来ます。

 

Windows smart screenは無効に

image

Windows10の設定でWindows Smart screenの設定を無効化できます。

Windows10の設定で検索に「Smart」と入力し、

Smart screen設定の変更をクリック。

左側の一覧からWindows Smartscreen設定の変更を押して、

認識されないアプリの処理を何もしないにします。

 

 

 

テストモードへ切り替える

Windows10をテストモードにします。

管理者権限で「コマンドプロンプト」を起動します。

bcdedit /set TESTSIGNING ON

コマンドプロンプトに上記の文字を打つとテストモードになります。

 

 

ドライバー署名の強制を無効化

sai[1]

管理者権限で「コマンドプロンプト」を起動します。

これを入力することで

shutdown /r /o /t 0

ですぐにスタートアップ画面に切り替えられます。

(ファイルの人はSTARTUP_OPTION_MODEを実行)

 

トラブルシューティング>詳細オプション>

Windowsのスタートアップ設定を開くを選択して

スタートアップ設定が表示されたら

「7) ドライバー署名の強制を無効にする」を選びます。

これで再起動されたときに

デスクトップ画面右下にテストモードという文字が表示されてればOKです。

 

後は普通にドライバーをインストールしましょう。

 

 

インストールできたらセキュリティを戻そう

インストールできたら再起動して普通に起動します。

署名されていないドライバはテストモード中のみ使えるので

常に使う人は常にテストモード、

たまに使う人は普段はテストモードオフにしてたら

大丈夫だと思います。

 

Windows 10 パーフェクトマニュアル
タトラエディット
ソーテック社
売り上げランキング: 455

--

 

EDIROL Hi-Speed USB Audio Capture UA-101 という

Rolandのオーディオインターフェイスが上手く動かなかったので

試してみました。

 

ただ私の場合はUA-101の署名に問題があったようで、

8.1用ドライバーではなくWindowsVista用ドライバで

インストールできるようになりました。

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows講座
-, , , , ,

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.