Windows

Windows 11、サポートされていないPCでウォーターマーク表示が行われるように

Windows 11で最も話題となったのは進化した機能よりも、ハードウェアやその他の機能のための厳しいハードウェア要件です。最も印象的なのは、PCにトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)2.0以上、Intel 第8世代以降のプロセッサを少なくとも搭載していないといけないということです。

しかしレジストリーの編集などを行い、この確認作業を突破することで、サポートされていないデバイスでもWindows 11をインストールすることが出来ました。マイクロソフトはこの方法を禁止する予定はありませんが、最新のオプションアップデートでは静かに「サポートされていないデバイス」の透かしが入る機能が有効になっています。

オプションアップデートで導入開始

最近のアップデートでデスクトップ上に「サポートされていないデバイス」という表示が行われる透かしが追加されたとのこと。これはWindows 11の新しい基準を満たしていないため、PCの動作が不安定になる可能性があることをユーザーに知らせるためのものです。

透かしを消す方法

Windows 11でシステム要件が満たされていませんという表示がデスクトップに常に表示されていても有害ではありません。無視していても問題ありませんが、気になる場合はレジストリーの書き換えで隠すことが出来ます。

  1. レジストリエディタを開く
  2. 左側で、HKEY_CURRENT_USER開く
  3. [UnsupportedHardwareNotificationCache] というエントリを探す
  4. それを右クリックし、SV2 DWORD 値を 1 から 0 に変更する
  5. PC を再起動
Windows 11: Microsoft approves desktop watermark for unsupported PCs
Windows 11: Microsoft approves desktop watermark for unsupported PCs

Unlike Windows 10, Windows 11 comes with some rather strict ...

www.windowslatest.com

--

-Windows
-, , ,