Windows

『Windows 11非サポートデバイス』は、ブルースクリーンが頻発する可能性、さらにアップデートも提供十分に提供されない。

マイクロソフトは、Windows 11の要件を非常に高く設定しており、サポートされているハードウェアは非常に新しいデバイスでしか動作しません。この決定は多くの物議を醸しており、マイクロソフトはMedia Creation Toolを通して新しいWindowsをインストール出来る仕組みを用意する予定ですが、いくつかの注意点があります。

Windows 11の対象デバイス

 

Windows 11はIntel 第8世代CPUまたはAMD Ryzen 2000以降または第2世代Epycプロセッサのサポートが行われます。またIntel 第7世代 CPUについても一部サポートが行われる予定です。

古いハードウェアでWindows 11を使用する場合不具合が増加

マイクロソフトはサポートされていないデバイスでは不具合が大幅に増加することを報告しています。

  • サポートされていないデバイスでは、カーネルモードのクラッシュ(ブルースクリーン)が52%多くなります。一方、互換性のあるデバイスは、99.8%のクラッシュのないエクスペリエンスを提供します。
  • サポートされていないデバイスでは、アプリがハングする可能性が17%高くなります。ファーストパーティアプリの場合、Microsoftは43%多くのクラッシュを観察しました。

Windows Updateが少ない可能性がある

Windows 11はサポートされているデバイスでのみ動作します。Microsoftのアドバイスを無視して古いデバイスでWindows 11をインストールした場合、一部のWindows Updateを介して品質の更新を受け取れない可能性があります。またオプションアップデートなどの毎月のアップデートについても保証されません。さらに将来的にサポートされていないデバイスでアップデートが完全にブロックされる可能性もあります。

いずれにしてもサポートされていないデバイスではWindows 11のサポートは行われていないため、不具合があったとしても対応されない可能性があります。

--

 

 

-Windows
-