Windows

Googleは何故Windowsにアプリを出さないのか

更新日:

Googleは世界最大のサービスの1つですが、Windows上のネイティブアプリケーションは驚くほど少ないです。

これはiOS上の91をこえるネイティブGoogleアプリに比べると対照的ではないでしょうか。

Android競争相手であるAppleにアプリを提供しても、Windows向けにアプリを提供しないのは戦略的なものと考えられます。

Googleは過去にWindows Phoneのマイクロソフト製YouTubeアプリをブロックし、HTML5ブラウザで見るようにと発言していました。

PCにおいてもGoogleはネイティブアプリケーションではなく、デスクトップ上ではブラウザを利用することを提案しています。

しかしネイティブアプリケーションではないWebアプリはパフォーマンス面でまだ問題を抱えている場合があります。

またWindows10タブレットにおいてネイティブアプリケーションが使えないのはタッチ操作でGoogleサービスが使いづらいということになります。

マイクロソフトがクロスプラットフォームでWindowsだけではなくiOSやAndroidでも力を入れているのに対し、GoogleはWindowsを完全に閉め出しています。

これは例えばGoogleドライブを使うユーザーはWindowsで酷い体験をすることになる一方、OneDriveを使うユーザーは快適に利用できるということになります。

OneDriveの1TBプランを契約すれば、Office 365でネイティブOfficeアプリも利用できます。 つまり少なくともWindowsを使うユーザーにとってGoogleサービスを使うことはマストな選択ではありません。

Googleは誰かを傷つけたいなら、自分が傷つくことになることを学ぶべきではないでしょうか。

ソース:

https://mspoweruser.com/google-hurting-poor-support-windows/

 

--

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.