Windows

元MSエンジニア、デジタル通貨を1000万ドル盗んだ罪で最大20年刑務所へ。

マイクロソフトはXboxやWindowsでデジタルアイテムの販売をしていますが、これで使うためのギフトカードを盗んだとして元マイクロソフトエンジニアが詐欺罪で有罪となり、約20年刑務所に収容されることになったようです。

 

ストアチームに勤めていた

Volodymyr Kvashuk氏は2016年から2018年までマイクロソフトに勤務しており、彼はデジタル通貨をマイクロソフトから盗み出し、G2Aなどのストアで販売していたとのこと。 彼は盗んだデジタル通貨で自宅とテスラを購入していたようです。

裁判所の文章によるとKvashuk氏はユニバーサルストアチームで働いており、Microsoft Storeの開発チームだったと思われます。 チームはマイクロソフトストアでの購入システムがスムーズに行われるべく開発しており、チームメンバーは購入をテストするために引き換え可能なプロダクトキーを発行する権限があったようです。

 

MSの調査で発覚

マイクロソフト内部の不正調査ストライクチーム(FIST)はXbox Liveサブスクリプションの購入に使われるギフトカードの数が急増していることを確認しました。 FISTは盗まれたギフトカードがg2a.comなどのストアで販売されており、3つのホワイトリストに登録されたUSTテストアカウントから入手したものであることを突き止めました。 これらのアカウントは合計で1010万ドルのデジタル通貨を購入し、そのうち180万ドルはマイクロソフトがブラックリストに登録しています。 その結果マイクロソフトは830万ドルの損失を被りました。 さらに調査の結果Kvaushuk氏が3つのテストアカウントを使っていたことをマイクロソフトは見つけました。

 

暗号通貨に変換し所得隠しも

その後Kvaushuk氏は調査を逃れるために280万ドルの収益を暗号通貨に変換していたとしています。 シアトルの米国地方裁判所で5日間にわたって裁判された後、Volodymyr Kvaushuk氏は電信詐欺とマネーロンダリングに関するいくつかの罪で有罪となっています。 より正確な罪は6月1日に宣告され、最大で20年刑務所に収容されることとなります。

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥4,900 (2020/07/09 20:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq