Windows

MacOSと比べてWindowsが優れているところ。

投稿日:

aaaa

Windows10は急速に進化しています。

すべてのメジャーアップデートでより良いOSに進化し、多くの支持を受けています。

そんなWindows10がMacOSより優れている部分をご紹介します。

 

アプリケーション

image

Windows10はMacOSよりも遙かに豊富なアプリケーションライブラリーを提供しています。

それはストアで提供されるユニバーサルWindows App(UWP)、Windows7、Windows9、WindowsRT、レガシーWin32アプリなどを含めると400万以上の世界最大のライブラリーが存在します。

MacOSはストアで提供される約3万のアプリと数千のWebから入手できるアプリケーションがあります。

MacOSが最も不足しているアプリケーションはゲームです。Steamのゲームを見てみると殆どのゲームはWindows以外サポートされていません。

 

ハードウェア

hq720[1]

Mac OSはAppleから購入したMacでのみ動作します。かなり高価なマシンですが優れたデザイン、操作性、安定性を提供してくれます。

しかし標準のUSB端子がないなど後方互換性については欠ける部分もあります。

また現在トレンドである「タッチスクリーン」、「2in1」といったフォームファクタも欠けています。

あなたがMacを選択する場合多くの互換性を失うことになります。

 

WindowsではMac Bookを好む人も満足できる素晴らしい品質のマシンもあります。

Microsoft Surface ProやHP X360のようなデバイスの品質は素晴らしい物です。 これらはタッチスクリーンだけでなく従来のUSB-Aもサポートし、多くのマシンはApple製品よりも低価格かつ多くのパッケージを提供してくれます。

 

エコシステム

image

あなたがもしWindowsPhoneやAndroidを使っている場合は、MacOSがWindowsと同じように連動するとは思わないで下さい。

AppleはiOSとMacを統合し、他の殆どのプラットフォームを制限しています。アップルのMac-iOSの連携は殆どiCloudに依存し、WindowsやAndroidは原則利用できません。

SMSや同期アプリを使ったデータ送受信も、iPhoneを持っていない場合サードパーティソフトウェアを使う必要があります。

 

Microsoftはモバイルファーストビジョンを掲げており、iOS/Android/Windowsすべてのプラットフォームにソフトウェアを提供し高い連携が可能です。

 

フォーカス

170606_ios11all1[1]

マイクロソフトもアップルもヒットしている主力製品があり、ユーザーはそれらに注目しています。 マイクロソフトの場合はWindows10ですが、アップルの場合はiPhoneです。

AppleはiPhoneを中心に開発し、エコシステムを構成しています。 そのためAppleは非常に長い間Macの更新を怠っており、Macがアップデートされる一方でiOSは急速にアップデートされています。

 

マイクロソフトの場合は正反対です。 マイクロソフトはWindows10に数ヶ月ごとに大型アップデートを提供し、これまで以上にPCに厨録しています。 その一方でWindows10 MobileはMacユーザーのように一部の大型アップデートでは殆ど無視されています。

もしあなたが"iPhoneのように急速に進化するデスクトップを使いたい”と考えているなら、あなたが選ぶべきはMacOSではないかもしれません。

 

デザイン

Fluent-wut[1]

MacOSは美しいデザインで優れているとされます。 MacOSはYosemite以降Windows8と多く競合したフラットUIを持っていました。

Windows10はWindows8ほど一貫性はありませんが新しいデザインへと向かっています。

Fluent designの登場により、恐らく多くの人にとって「良いデザインのOS」になるでしょう。 Fluent designにはぼかしや半フラットアイコンが採用され、近代的なUIが標準化されます。

 

細かな問題点

screen%20shot%202017-06-15%20at%2013.36.19[1]

MacOSは一部では恐ろしく混乱する設計になっていることで有名です。 例えばサードパーティ製のソフトウェアを使わずにファイルをカットアンドペースト出来ません。 元のファイルをコピーし、削除しなければなりません。

Windowsユーザーがよく使う「最大化」やウィンドウの衝動もMacでは制限があります。 MacからUSBをアンマウントせずに(MacにUSBが刺さると仮定して)抜板場合、多くの場合間違ってドライブを抜いたと通知されます。 MacではUSBを突然抜くとファイルを破損するリスクが高いです。

Windowsは完璧ではありませんが、アンマウントせずに取り出しても殆ど問題が起こりません。 これは氷山の一角に過ぎません。 MacOSには様々な意思決定と矛盾を感ずることになります。

 

結論

microsoft surface studio pro tools[1]

Windows10は信じれないほど素晴らしい物へと成長しています。 頻繁な大型アップデートで多くの人が望んだ機能が搭載されています。

クリエイティブな仕事をしている一部の人はFinal Cut Pro X、Logic Pro Xといったアップル社のアプリケーションによって縛られているため、Adobe Premiere ProやCubaseといった代官手段を使う必要があることもあり、まだ多くのコンテンツ制作者Macを使っていますがこれも時間の問題でしょう。

MacOSはクリエイティブな仕事をするためのもの、または高品質なマシンを手にしたい人のための最高の選択でしたが、現在では必ずしもそうではありません。

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/why-theres-never-been-better-time-pick-windows-over-macos

 

--

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.