Windows

Windows 11はWindows 10と同じサービスモデルで展開される。

マイクロソフトはWindows 11でWindows 10と同様に毎月のセキュリティアップデート、オプションの累積アップデート、スタック更新サービスなどを提供することを明らかにしていますが、これに加えて長期サービスチャネル(LTSC)バージョンがあることを確認しました。

Windows As a Serviceは続く

Windows 11はマイクロソフトのWindows as a serviceモデルの一部であり、少なくとも月に2回は何らかのアップデートがリリースされ続けると述べました。

Windowsでは通常毎月第2火曜日にセキュリティアップデートが提供されます。それに加えてオプションの累積アップデートが更新セクションに表示されます。

Windows 11ではWindows 10よりもアップデートのファイルサイズは格段に小さくなるため、ダウンロードやインストールにかかる時間も短くなる見込みです。

LTSCブランチも用意

LTSC(長期サービスチャネル)は定期的なアップデートを行わなくてもよいWindowsのバージョンであり、一般的には企業で使用されているものです。このバージョンでは機能追加アップデートやメジャーアップデートをスキップし、長期間にわたってセキュリティアップデートのみが提供されます。

マイクロソフトは約3年ごとに新しいLTSCバージョンのWindowsをリリースしており、このタイミングで新機能が追加されます。

created by Rinker
セガ
¥2,645 (2021/09/22 15:21:27時点 Amazon調べ-詳細)
Microsoft: Windows 11 to follow Windows 10's servicing model
Microsoft: Windows 11 to follow Windows 10's servicing model

Microsoft has confirmed Windows 11 will be serviced just lik ...

www.windowslatest.com

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-