Windows

Windows 10X上のWin32デスクトップアプリにはいくつかの制限があります。

Windows 10XはARMチップで動くWindowsですが、過去のWindows RTとは異なりWin32アプリケーションを動作させることができます。 マイクロソフトによると、Windows 10Xはほとんどのレガシーデスクトップアプリをサポートし、これらのアプリケーションはコンテナ内で実行され、OSを潜在的なマルウェアやパフォーマンスの低下から保護することを目的としています。

 

コンテナ上で実行

Win32コンテナ内では、システムユーティリティ、Photoshop、さらにVisual Studioを含むすべてのレガシーWin32デスクトップアプリを実行することが可能です。 コンテナには従来のプログラムをスムーズに動かすための独自の従来のWindowsディレクトリーとカーネルがあります。 組み込みのドライバーとレジストリのサポートがあります。

理論的にWin32コンテナは仮想マシンであり、実行中のWin32アプリがない場合はすべてがシャットダウンされます。 これにより、システムパフォーマンスが向上し、バッテリー寿命が増加します。 従来の仮想マシンやエミュレーターとは異なり、Windows 10Xのコンテナーは、デバイスのより多くのリソースへの低レイテンシー及びアクセスを提供します。

 

一部制限あり

マイクロソフトはまた、コンテナーを介してWindows 10Xでレガシーアプリを実行する場合には制限があると述べています。 一部のデバイスでは、Win32アプリに対するアプリごとのアクセス許可のサポートがありません。 つまりすべてのアプリがカメラなどのプライバシーが懸念されるハードウェアにアクセスできるか、まったくアクセスできません。

またサードパーティが開発したエクスプローラー向けのアドオンを利用することはできません。例えばファイルを移動やコピーを行うアドオンであるTeraCopyはWindows 10Xでは利用できません。

同様にバッテリーパーセンテージアプリ、ボリュームコントローラー、温度検出器など、システムトレイにあるアプリは10Xで動作しない可能性があります。

PCハードウェア(マウスとキーボードのフック)もブロックしています。 OSは読み取り専用であり、完全にロックダウンされています。OSはマイクロソフトストアの外部でダウンロードしたアプリも実行できますが、評判がよく、署名されたコードを持っている必要があります。 またレジストリーエディタをいじることも禁止されています。

マイクロソフトはレガシーアプリのパフォーマンスがほぼネイティブになると約束していますが、何らかのベンチマークはリリースされたときにはっきりすることになります。

 

Win32 desktop apps on Windows 10X will have some limitations
Win32 desktop apps on Windows 10X will have some limitations

Windows 10X supports legacy apps and it has a fascinating wa ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.