Windows

Microsoft Edge、評判の悪いソフトウェアのダウンロードをブロックする機能。

 

Chromium版Microsoft Edgeは非常に速いペースで機能の追加や改善が行われています。

今回確認された新機能は有料のエンタープライズ向けに提供されていた機能が一般のMicrosoft Edgeにも提供されるという物です。

 

元々有料機能の一つ

「望ましくない可能性があるアプリをブロックする」という機能は、一般的にはAdvanced Threat Protectionの一部として提供されており、エンタープライズユーザーのみが利用できましたがEdge Betaで通常ユーザーにも提供されています。

 

機能について

デフォルト設定ではオフになっていますが、この機能を有効にすると、マイニングや通知スパム、無意味なレジストリスキャンなど評判悪い、悪名高いアプリケーションをダウンロードする際にユーザーに警告するようになります。 これらのアプリは通常マルウェアとしてはカウントされていませんが、パソコンにとって望ましくない可能性があります。

 

Edge Betaのユーザーは既に設定を有効にすることが出来、まもなく他のユーザーにも提供される予定です。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , ,

© 2020 WPTeq