Windows Windows講座

Windows Defenderでサンドボックス機能を有効にする方法【Windows講座】

更新日:

 

Windows10ではメジャーアップデートで様々な機能が追加されていますが、来年公開予定の機能を一足先に体験する方法をご紹介します。

 

サンドボックス機能とは?

Windows Defenderはマイクロソフトが提供している無料で高機能なアンチウィルスソフトです。 サンドボックス機能を有効にすると、他のシステムと影響しないようにサンドボックス上で動作させることが出来ます。

これは近年Windows Defenderを使うユーザーが増えたことで、悪意のある攻撃者がWindows Defenderのデータを書き換えるという可能性を防ぐのに有効とされています。

 

October 2018 Updateでも利用できる

この機能は以下の操作をすれば、最新のWindows10 October 2018 Update(1809)でも実行することが可能です。

  1. Windowsボタンを右クリックする
  2. Windows PowerShell(管理者)をクリックする
  3. コマンドプロンプト上でsetx /M MP_FORCE_USE_SANDBOX 1を入力し、ENTERを押す。

setx /M MP_FORCE_USE_SANDBOX 1

これで設定完了です。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.