Windows

Windows 10 20H1 Build 19013がスローリングでも配信開始。

マイクロソフトは2020年5月頃のアップデートとなるWindows 10 20H1の新しいビルドをスローリングにも提供を開始しました。 このアップデートでは顔文字の追加やWindows Subsystem for Linux(WSL)のアップデートも含まれます。

 

以下新しいアップデートの機械翻訳となります。

  • ゲームやビデオをフルスクリーンで実行しているときに、ビルド19002以降、フレームがスキップされる問題を修正しました。
  • クラウドダウンロードオプションで「このPCをリセット」を開始しても、Windows REから起動したときに機能しなかった問題を修正しました。
  • プリインストールされたアプリ(電卓など)やその他のUWPアプリが[設定]の[アプリと機能]ページに表示されない問題を修正しました。
  • このビルドの時点で、壁紙とテーマの同期が再び稼働しています。
  • 最近のフライトで頻繁にWi-Fiが予期せずにリセット(オフとオン)される問題を修正しました。
  • ネットワークフライアウトが(正しく)接続されていることを示していても、Wi-Fi設定が接続中と表示されたままになる問題を修正しました。
  • 更新が一時的に中断されると、Windows Updateの履歴に0xc19001e1エラーが表示される問題を修正しました。
  • 検索結果がフォルダーの場合、「場所を開く」検索結果オプションが機能しないという問題を修正しました。
  • Cortanaのウィンドウを画面上の特定の場所に移動してからウィンドウを閉じると、最小化アニメーションがタスクバーのCortanaのアイコンに移動しない問題を修正しました。
  • 前のフライトで異なるDPIを持つ複数のモニターを使用すると、File Explorerが時々正しくレンダリングされないという問題を修正しました。
  • クエリを入力するために、エクスプローラーの検索ボックスにフォーカスを設定できない状態になる可能性がある問題を修正しました。
  • タスクビューでアプリのサムネイルを右クリックすると、アプリのサムネイルが消える問題を修正しました。
  • ハイコントラストホワイトを使用しているときに特定の通知の[メッセージの送信]ボタンが表示されない問題を修正しました。
  • (実際にスクリーンショットを表示するのではなく)WIN + Shift + Sに続く通知にスクリーンショット用の空白スペースがある場合がある問題を修正しました。
  • Resource Managerでディスクアクティビティが予期せず表示される問題を修正しました。
  • \で終わるパスでSUBSTを呼び出すと、Path not foundエラーが発生する問題を修正しました。
  • ガンマを調整するために呼び出し繰り返し送信する実行中のアプリのメモリリークを修正しました。
  • 一部のInsiderは、シャットダウンしようとしたときに、「G」という名前のアプリがシャットダウンを妨げているというメッセージが表示されると報告しました。マイクロソフトは調査し、GDI +に関連するウィンドウが「G」としてのみ参照される問題を発見しました。これは修正されたため、今後は「GDI + Window(<exe name>)」という名前になります。ここで、<exe name>はGDI +を使用するアプリの.exe名を示します。
  • 前のフライトでspeechruntime.exeが予想外に大量のCPUを使用するという問題を修正しました。
  • 特定のデバイスのデバイスの蓋を閉じてから再度開いた後、Bluetoothデバイスが予想どおりに再接続されない可能性がある問題を修正しました。
  • ズームなどに切り替えてからスクロールに戻ると、最近のビルドでSurface Dialがスクロールしない問題を修正しました。
  • ナレーターがChrome内の実際のフォーカスされたコントロールを報告する代わりに、ページとしてフォーカスを報告する場合がある問題を修正しました。
  • ナレーターがナレーターユーザーガイドWebページおよびYouTube Webページの読み取りを自動的に開始しない問題を修正しました。
  • ナレーターの「次のテーブル」コマンドがExcelで機能するように修正されました。
  • ロック画面の背景画像の上にテキストカーソルインジケーターが表示される問題を修正しました。
  • ダークテーマを使用しているときに、設定でテキストカーソルインジケーターのプレビューが正しく表示されなかった問題を修正しました。
  • 暗いテーマを使用しているときに、暗い灰色の背景に黒いテキストが表示されるため、ハードウェアキーボードテキスト予測候補ウィンドウが読み込めない問題を修正しました。
  • 絵文字を入力するときにタッチキーボードがちらつく可能性がある問題を修正しました。
  • デフォルトのIME設定で入力モードが中国語に設定されていても、中国語のピンインおよびWubi IMEを使用すると英語の句読点が出力される問題を修正しました。
  • 一部の入力フィールドで、繁体字中国語のBopomofo IMEを使用しているときに英数字の文字幅が半角から全角に予期せずに変更される問題を修正しました。
  • 新しいビルドに正常に更新した後、Windows Update設定ページにインストールする必要がある同じビルドが表示される場合がある問題を修正しました。
  • オプションのドライバーのインストールに失敗する問題を修正しました。

既知の問題は次のとおりです。

  • BattlEyeとMicrosoftは、一部のInsider Previewビルドと特定のバージョンのBattlEyeアンチチートソフトウェア間のオペレーティングシステムの変更による非互換性の問題を発見しました。これらのバージョンがPCにインストールされている可能性のあるInsiderを保護するために、Microsoftはこれらのデバイスに互換性保持を適用し、Windows Insider Previewの影響を受けるビルドを提供していません。詳細については、この記事を参照してください
  • 一部のインサイダーでは、URI(ms-settings :)を介した起動以外では設定を引き続き使用できません。
  • リモートデスクトップ接続を使用し、ターゲットPCがこのビルド上にある場合、約1時間以内に(そうでない場合)DWMがクラッシュし始め、セッションウィンドウが完全に黒くなるか、黒いフラッシュが発生するか、またはサインアウトする可能性がありますリモートデスクトップセッション全体。
Windows 10 20H1 Build 19013 arrives on the Slow ring with extra ¯\_(ツ)_/¯
Windows 10 20H1 Build 19013 arrives on the Slow ring with extra ¯\_(ツ)_/¯

Microsoft releases new Windows 10 20H1 builds -- from the Ma ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.