Windows

今月Microsoft Edge一般公開版に追加される機能、テーマの追加など。

新しいChromiumベースのMicrosoft Edgeが1周年になりました。これに合わせてマイクロソフトはアップデート内容を公開しています。

 

Microsoft Edge 2021年1月のアップデート

  1. サイドバー検索がMicrosoftEdgeで一般的に利用できるようになりました。
  2. MicrosoftEdgeの新しいタブページから直接受信メールを表示できるようになりました。Outlookの新しいスマートタイルを使用すると、新しいタブページから直接、最新の3つの電子メールを表示したり、Outlookで新しい電子メールまたは会議出席依頼を開始したりできます。
  3. これで、お気に入り、パスワード、自動入力情報に加えて、履歴とタブを同期できます。
  4. mac OSには、ユーザーの仕事用プロファイルで認証するサイトを切り替える機能が用意されているため、仕事用と個人用のブラウジングを簡単に切り替えることができます。
  5. Microsoft Edgeのアイコンが微妙に更新され、見た目が丸くて柔らかくなっていることに気付くでしょう。これらは一貫性のあるキーラインとグリッドから構築されているため、メニューやリストなどをスキャンする際の視覚的な一貫性が高まります。
  6. Microsoft Edgeには、メモリとCPUリソースの使用量を改善することでブラウザのパフォーマンスを向上させるスリープタブ機能が追加され、現在展開されています。
  7. あなたとあなたの家族をより安全にオンラインに保つのに役立つ新しいパスワードジェネレータ。パスワードジェネレータを使用すると、Microsoft Edgeは、既存のパスワードを変更するとき、または新しいオンラインアカウントにサインアップするときに、安全なパスワードを自動的に提案し、ブラウザの自動入力設定に自動的に保存します。

Microsoft Edgeのダウンロード

Microsoft Edgeの公式サイト

--

 

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5