Windows

WindowsノートPCでトラックパッドよりもタッチが有利なところ。

更新日:

 

Surfaceの登場以後、2in1 やタッチスクリーン搭載のWindowsデバイスが非常に一般的なものとなりました。 タッチパネルに対応したとはいえ、やはりマウス&キーボード操作が基本のWindowsのUIではあまりタッチ操作に魅力を感じない人もいるとは思いますが、自分がSurfaceを使っていてタッチ操作が便利だと思うシーンを紹介します。

 

膝のせスタイルはタッチが最強

ノートパソコンを持ち歩いていると、いつでもデスクに座ってパソコンが操作できるわけではありません。 移動中やテーブルがない席で膝にパソコンを載せて作業するときがあると思いますが、こういったときマウスを使うことができません。

通常はキーボードの下にあるトラックパッドでマウスポインターを操作して操作することになりますが、膝のせの場合トラックパッドがおなかに近い位置にあることもあり、操作しづらいこともあります。

そういった画面との距離が近いときはタッチパネルでの直接操作が思いのほか便利です。 長押しで右クリックメニューも呼び出せるので、ファイル移動などの操作もマウスに及ばずとも十分行うことができます。

 

補助操作にも使える

タッチタイプのWindows10デバイスでは、画面左から右にスワイプでアプリ切り替え画面を呼び出したり、画面右から左にスワイプでアクションセンター(通知センター)を呼び出すことができます。

ほかにもスマホ感覚でピンチでズームなマウス&キーボードよりも直観的に操作できる部分もあるので、ささっと操作できて便利です。

 

ペンを使う作業はもちろん便利

イラストやメモの書き込みはもちろんですが、画像編集などの際に縁を切り取ったり、DTMソフトで直観的にオートメーションを描くなどあらゆるシーンでペン操作は便利なときがあります。

 

あると便利なタッチパネル

なくても困らない人も多いかもしれないWindows10でのペン操作ですが、私はあった方が便利だと思います。 初心者の人はスマホ感覚で操作できるというのもありますし、Windowsに精通している人でも違った感覚で操作できて楽しいですよ!

慣れてくるとデスクトップでもタッチ対応のものが欲しいなと思うようになるのですが、Surface Studio 2安くならないかなー…

 

マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 65,800 prime
  • 販売者 ダイキ緑本店
クリックして今すぐチェック

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.