Windows

iOSやAndroidでMicrosoft Edgeが登場するのはすべてWindows10のため

更新日:

image

 

マイクロソフトは自社のブラウザMicrosoft EdgeをiOSとAndroidで発表しました。

これらのブラウザをWindows 10で使っている人にとっては驚きの内容だったのではないでしょうか。

しかし名前はMicrosoft Edgeですが、EdgeHTMLエンジンは採用されておらず、各プラットフォームの標準のWebkitが使われることも明らかになっています。

 

厳密にはEdgeではない!?

このアプリはEdgeHTMLではなくWebkitを使っています。 これは恐らくAppleのAppStoreでは異なるエンジンのブラウザをリリースすることに制限があるからではないかとWindows Centralは指摘しています。

またEdgeHTMLを各プラットフォームに移植するよりも、モバイルサイトの表示に定評がある各プラットフォームの標準ブラウザのエンジンを使った方が互換性の面でも理想的と言えるといえます。

 

Windows10ユーザーには便利な存在になるかも

ではわざわざMicrosoft Edgeをスマホで使う魅力は何でしょうか。 これは下記の機能です。

 

・PCで続ける - 好きな場所で使ったコンテンツをシームレスでモバイルとPCで移動することが出来、中断した場所から再開できます

・データ同期 - ブックマークやリーディングリストはいつでもデバイス間で同期。 いつでもあなたをパーソナライズ。

 

データ同期が行われるのはPCユーザーにとっても嬉しい機能です。 

 

しかしなぜ今?

これらの機能は便利な物ですが、ChromeやFirefox、Operaなど競合のサードパーティブラウザも同様の機能を提供しています。

それでは何故この機能を提供するのでしょうか。

 

マイクロソフトはおそらくWindows10の次の機能への準備ではないかと考えられています。

タイムライン、Cortana、クラウドクリップボード、AIなどマイクロソフトの次の機能似合わせてEdgeは上手く溶け込む存在になろうとしているように見えます。

レンダリングエンジンは異なりますが、他のプラットフォームでのMicrosoft Edgeはサービスを成長させるものになるのかもしれません。

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/real-reason-edge-ios-android-windows-10

 

Microsoft Edge入門: Windows10対応
(2016-03-15)
売り上げランキング: 131,160

--

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.