Windows

Windows10、ついにWindows7よりも人気のOSに。

 

Web分析会社NetmarketshareはWindows10が現在最も利用されているバージョンであるというデータを公開しました。 Windows10は発売から3年以上が経過したOSですが、現在もシェアを伸ばし続けていることが報告されています。

 

Windows10がシェアを拡大

Windowsの市場シェア

2018年12月のNetMarketShareのデータではWindows10が39.22%、Windows7が36.90%、Mac OS X 10.4が4.73%、Windows XPが4.54%、Windows 8.1が4.45%となっています。

 

Windows7終了は近い

2020年にマイクロソフトは現在提供している延長サポートを終了する予定のため、企業を始め多くのWindows7ユーザーがWindows10への移行を予定しています。

そのため今後はさらにWindows10のシェアが増加すると予想されており、Windows 10用アプリの増加なども期待されています。

マイクロソフトは現在7億デバイスのWindows10がアクティブで動作していると発表しています。 2018年までに10億ユーザーを達成するというローンチ当初の計画とはほど遠いもの、2019年には達成が現実的な物となりました。

ローンチ当初は存在したWindows10 Mobileが終了したことなどを考えれば、普及ペースはそう悪い物ではないかも知れません。

Windows 10 is finally more popular than Windows 7
Windows 10 is finally more popular than Windows 7

After StatCounter, web analytics firm NetMarketShare has als ...

続きを見る

Windows 7 vs Windows 10 五番勝負 第 1 回 パフォーマンス編 - Microsoft atLife
Windows 7 vs Windows 10 五番勝負 第 1 回 パフォーマンス編 - Microsoft atLife

Windows 7 vs Windows 10 五番勝負 第 1 回 パフォーマンス編

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.