Windows

Windows10 October Updateおすすめ機能まとめてみた!

更新日:

Windows10 October 2018 Updateはマイクロソフトが10月にリリースした最新版のWindows10です。 このアップデートでは適用後ファイルリダイレクト機能でファイルを移動せずに取り残して使っていた場合データが消えるという不具合があったため一時的に配信停止となっていましたが便利な機能もかなりたくさんあるので、今回まとめてご紹介します。

 

『タイムライン』あなたの行動を辿る

タイムラインで過去30日間の作業を遡ることが出来るようになりました。

あなたが編集した作業やウィンドウ、Web履歴などを辿ることが出来ます。

 

『スマホ同期』 写真やSMSを同期

パソコンから自分のAndroidスマートフォンの写真をすぐに取り出したり、SMSを送受信できるようになった。

使い方はスタートメニューから『スマホ同期』というアプリを利用すれば利用できる。

iOSについては現在準備中とのこと。

 

『近距離共有』近くのPCとファイルシェア

近くのWindows10 PC間で簡単にファイル共有を行うことが出来ます。

いわゆるAirDropで、Windowsのファイル共有を簡単にしてくれます。

 

『クリップボード』履歴で辿れるように

『Windowsキー』+『Vキー』で履歴からペーストが出来るようになりました。 通常のペーストは最近の1つを貼り付けですが、過去に辿れるため頻繁にコピペをする人は便利です。

またクラウドクリップボードを有効にすると、Microsoftアカウントでクリップボードを同期できます。 複数のパソコンで、ファイルをコピペ出来るようになります。

なおAndroid版SwiftKeyを利用すると、スマートフォンでもクリップボードが同期できるようになります。

 

『画面キャプチャ』いつでも利用可能

切り取りとスケッチツールが強化され、画面の一部を簡単にスクリーンショットとして保存できるようになりました。 Windowsキー+Shift+Sでいつでも呼び出すことが出来、切り取ったスクリーンショットはすぐにコピーされる他、注釈を簡単に付け加えることも出来ます。

 

『SwiftKey』英語入力が簡単に

「Swiftkey Windows Phone」の画像検索結果

英語入力時にキーボードをスライドさせて単語毎に入力する機能が追加されました。 これにより英語タッチ入力が飛躍的に便利になります。

 

『絵文字』絵文字を呼び出す

『Windowsキー』+『.キー』で絵文字😊をいつでも呼び出せるようになりました。 また絵文字も157個追加となっています。

ショートカットで絵文字がすぐに打てる! October 2018 Updateで追加された機能。【Windows講座】 - WPTeq
ショートカットで絵文字がすぐに打てる! October 2018 Updateで追加された機能。【Windows講座】 - WPTeq

Windows10 October 2018アップデートではWindows10に様々な機能が追加されました。 …

続きを見る

『集中モード』通知を表示しない

集中モードを有効にすると、SNSやOneDrive、メール通知を非表示にすることが出来ます。

作業中に集中したいときは有効にしましょう。

 

『Microsoft Edge』自動再生設定などが追加

マイクロソフトエッジにいくつかの機能が追加されました。

  • タスクバーのEdgeを右クリックでジャンプリストを起動
  • メニューなどを再デザイン
  • メディア自動再生オプション
  • ダウンロードペインへのメニュー追加
  • 読み取りビューの改善
  • 読み取りビューのテーマ対応
  • WebDriverのアップデート
  • XSS Filterの廃止
  • Web Authentication、CRのサポート

 

『メモ帳』新機能盛りだくさん

ズーム機能、検索折り返し機能、選択した文字をBingで検索機能が追加されました。

 

『Bluetooth』Swift Pair機能

画像

Swift Pair機能が標準で有効になりました。 これにより、新しい周辺機器がペアリング状態の時にWindowsの通知に自動的に表示されるようになります。

 

『バッテリーヘルスモード』ノートPCで電源差しっぱなしでも大丈夫に

ノートパソコンで電源ケーブルを繋ぎっぱなしにすると、バッテリーの寿命を大幅に知事馬手しまう可能性があります。

バッテリーヘルスモードを有効にすることで、バッテリーレベルは常に低レベルにし、100パーセントより低い状態で運用されます。

なお電源が接続しないで通常通りに一定時間しようすると自動的にこの機能はオフになります。

 

『Windows Update』あなたが使わなくなったときに更新

Windows Updateのタイミングが修正されました。 機械学習を行い、あなたがデバイスを使っていない時間帯パターンを学習し、単純に少しパソコンから席を離れただけのタイミングでは更新せず、デバイスを使わなくなったと判断したときに自動アップデートされます。

 

『Windows Mixed Reality』 クイックメニュー追加など

Windows Mixed Realityの機能も大幅に強化されています。 Win+Grabボタンでいつでもカメラから周りを見る機能が追加された他、アプリ中にWindowsボタンでクイックメニューを表示し、いつでもスクリーンショットや動画撮影を行えるようになりました。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.