Windows

Windows Defender ATP、今夏にWindows7とWindows8.1サポートへ。

更新日:

windows-defender-atp-windows-7[1]

 

既にメインストリームサポートが終了しているWindows7とWindows8.1ですがWindows10への移行が進んでいない法人向けにWindows Defender Advanced Threat Protection(ATP)をWindowsとWindows8.1へ提供することを発表しました。

 

このWindows Defender ATPは攻撃を検知して対策を行うための機能で、Windows10 Annversary Updateで登場した物です。

他社のセキュリティソフトと連携することでMacOS、Linux、iOS、Androidに対する攻撃の検知と対応も可能となっています。

 

マイクロソフトはWindows7とWindows8.1への対応について、Windows10への移行を強く勧めているが、移行の途上であってもWindows7とWindows10が混在する企業があることを把握しており、そうした企業の安全を延長サポート終了まで守っていきたいと語っています。

 

リリースは2018年夏頃を予定されていますが、プレビュー版が春から利用できるようになる予定です。

 

ソース:

//www.windowscentral.com/windows-defender-atp-add-support-windows-7-and-81-summer

//www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/13/news047.html

 

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.