Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Windows Windows講座

メーカー製PCを買ったら無料ウィルス対策「Windows Defender」を有効にしよう。

更新日:

スクリーンショット (9) 1

 

メーカー性のパソコンを買うと、ウィルス対策ソフトの体験版がインストールされていることがあります。

体験版のウィルス対策ソフトは初めはいいのですが、大抵は30日たつとウィルス対策が無効になり、危険な状態になります。

そこでWindowsの標準のウィルス対策機能、Windows Defenderを有効にしましょう。

 

Windows Defenderとは?

Windows8以降のWindowsに搭載された無料のマルウェア対策ソリューションのこと。

ウィルス、スパイウェア、その他のマルウェア(悪意のあるソフトウェア)から保護できます。

動作が非常に軽いため常に有効にしておくことをお勧めします。

 

設定変更方法

1.スタートを開く

2設定を開く

3.更新とセキュリティを開く

4.Windows Defenderを開く

5.Windows Defender セキュリティセンターを開く

6.ウィルスと脅威の阻止を選ぶ

7.ウィルスと脅威の阻止の設定を選ぶ

8.リアルタイム保護のチェックを選ぶ

 

※場合によってウィルス対策ソフトをアンインストール必要があります。

設定からアプリをアンインストールしましょう。

 

image

 

Windows Defender セキュリティセンターの画面ですべての項目が有効になっていることも確認しておきましょう。

 

Microsoft Windows 10 Home Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版 (最新)|
ウィンドウズ(Windows) (2016-10-07)
売り上げランキング: 63

--

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.