Windows

Microsoft、低電力でテザリングできる特許を取得

更新日:

マイクロソフトは低電力でLTE回線のデータを

パソコンなどにシェアできるインターネットシェアリング機能の

あらたな特許を取得しました。

 

 

 

internet-sharing[1]

WindowsPhone、Windows10で

テザリングで低電力で利用できるよう取り組んでいます。

 

Wi-Fiテザリングの大きな問題は

電池消費が非常に激しく、

通信をしないアイドル時間でも

かなりのバッテリーを消費します。

 

この特許は接続先デバイスが

たとえば通信を利用しない場合

最大90%の消費電力化を行うようになります。

 

実際に製品ではいるかわかりませんが

Windows10、Windows10Mobileで

実装される可能性があります。

 

//patentscope.wipo.int/search/en/detail.jsf?docId=US160981223&recNum=31&maxRec=72395&office=&prevFilter=&sortOption=&queryString=ALLNAMES%3A%28Microsoft%29&tab=NationalBiblio

 

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.